競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

中山記念(2020)回顧

2020年3月1日に行われた中山記念は、1番人気ダノンキングリーが優勝。

この世代ではトップクラスの能力を持った馬で、G1初勝利に向けて今年初戦でいいスタートが切れました。今後も楽しみですね。

 

この記事では中山記念を振り返ります。

G2 中山記念

中山競馬場 1800m 内回り 別定重量

 

レース展開

1000m通過59.3 のミドルペース

3コーナー手前から、2番手と3番手の間が4,5馬身程離れる隊列になり、逃げ馬と2番手はミドルペース、3番手以降はスローペースだった。先行有利の流れ。

 

各馬の考察

1着 ◎ダノンキングリー 牡4 横山典騎手 56.0kg

少し促して3番手のポジションに。前は追いかけず自分のリズムで。

4コーナーまで前と離れていたが、ようやくゴーサイン。最後まで伸び後続を寄せ付けなかった。

 

2着 〇ラッキーライラック 牝5 M.デムーロ騎手 55.0kg

促して前へ。ダノンキングリーをマークするポジション。

前走2400mの後、600m距離を短縮しての1800mだったので少し忙しかった印象で、3コーナーで騎手の手が動き、4コーナーで鞭が入っていた。直線はジワジワと差を詰めた。

+11kgだったが前走減った分が戻っただけで、エリザベス女王杯を勝った時と同じ馬体重だった。

次走の大阪杯に向けて100%の出来ではなかったと思うし、悪くはない内容だった。

 

3着 ソウルスターリング 牝6 北村宏騎手 54.0kg

促して前へ。道中は力んで走っている感じ。

4コーナーで早めに動くも直線では脚は鈍る。でも最後まで粘っていた。

約10か月ぶりのレースで+18kg、力んで走っていたことを考えれば頑張った。

 

4着 ☆インディチャンプ 牡5 福永騎手 58.0kg

道中折り合いがついていて、4コーナーで動き出すと反応良く伸びていたが最後甘くなってしまった。

体つきは余裕がある感じだったし、戦績を見ても休み明けよりも1回レースを使った方が良くなる馬。他馬より重い58kgを背負っていたし、次に向けては上々の内容。

 

5着 △ペルシアンナイト 牡6 池添騎手 57.0kg

出遅れ。3コーナーから捲っていったが、直線で脚が鈍った。

叩き良化型の馬。次に期待。

 

7着 ▲ウインブライト 牡6 ミナリク騎手 58.0kg

4コーナーでスッと反応できず、最後は少し伸びたが離されてゴール。

昨年(2019)の中山記念を見てもゴーサインを出してからの反応は速くないし、休み明けだったのもあるかもしれないが、闘志を引き出せなかったのもあるのかなと思った。

それが敗因なら、前目のポジションにつける、早めに動く、内から抜け出す、など他馬と併せて伸びてくる形を取りたい。

 

まとめ

この次に使われるG1を見据えた出来で出走する馬が多く、陣営の仕上げ具合、その馬の仕上がりの早さに関係したり、本番に向けての戦法をとったりするので、すべてを読んで予想するのは難しいなと改めて思いました。

ここでの競馬内容が次のG1につながってくると思うので、しっかり頭に入れておきたいです。

 

 

▼当日の馬場傾向はこの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。