競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

弥生賞ディープインパクト記念(2020)回顧 ディープ産駒が強い!

皐月賞トライアルである弥生賞ディープインパクト記念が2020年3月8日に行われ、2番人気のサトノフラッグが優勝しました。

 

これでディープインパクト産駒がこのレースを5年連続で優勝、通算6勝目になりました。今年からディープインパクトの名前がレース名に入り、主戦を務めていた武豊騎手が騎乗していた馬が勝ったので運命めいたものを感じました。

 

この記事では、弥生賞ディープインパクト記念の回顧をしていきます。

 

 

G2 弥生賞ディープインパクト記念を振り返る

中山競馬場 2000m 内回り 3歳

レース展開

重馬場で行われた。

序盤は掛かる馬がいて前3頭が引っ張りやや速いペース、3番手と4番手の間が4,5馬身離れる隊列。向正面でペースが緩み、前半は前3頭はミドルペース、4番手は1000m通過62秒ぐらいで通過したので、4番手以降はスローペースだった。

 

4番手以降は残り900mぐらいから前との差を詰め始めたためペースが上がる。4コーナーでは馬群が一塊になって、横に広がり直線へ。

先行馬は捲られてしまったのもあって苦しくなり、差し馬が上位を占めた

 

4番手以降はスローペースだったが、3コーナー手前からペースが上がりロングスパートになっていて、タフな馬場だったので持続力もパワーも必要な流れだった。なので上位の馬は力があると判断してもいいだろう。(重い馬場が苦手な馬は力は発揮できなかったと思うが)

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 サトノフラッグ

1コーナーまで掛かり気味だったが収まった。向正面でペースが緩んだ時にまた行きたがったが、そこで馬の気持ちを優先し押し上げていった。

3,4コーナーで捲っていき、最後まで脚が上がることなく他馬も寄せ付けなかった。外を捲っていて、使った脚を考えれば完勝だった。

 

軽い走りをする印象だったのでレース前は道悪を心配していたが、クリアできた。直線を向くあたりでバランスを崩すようなところがあって、まだ伸びしろもある。

強い内容で勝ったので本番も楽しみな馬

 

2着 ワーケア

道中動いていく馬がいる中、この馬は中団のポジションでなだめつつ4コーナーまでジッとしていた。

4コーナーで勝ち馬に捲られた時に動けるポジションにいなく、仕掛けるのがワンテンポ遅れたが直線は良く伸びた。

休み明けを考えればいい競馬だった。

 

3着 オーソリティ

ゲート内でステップを踏む感じでジッとしていなかったが好スタート。

残り900mぐらいで押し上げ前の馬にペースを上げさせ、自分はマイペースで走れて良い感じだったが、4コーナーで後ろの馬に捲られそこでプレッシャーがかかった。最後まで止まらずに走り3着に粘った。

 

時計が掛かる今回の条件はこの馬に向くと思ったが、先着されてしまったように上位2頭とは力差がありそう

 

4着 ブラックホール

サトノフラッグを見る形で運び、4コーナーの手応えも良さそうだったが、直線の坂に差し掛かったところで脚が鈍ってしまった。良く伸びたが馬体重が軽い馬でパワーでは劣るか。

 

前走、前目のポジションで結果が出ず、今回は脚を溜める競馬で上位に来た。現状では溜める競馬で、平坦な競馬場の方がよさそう

 

5着 オーロアドーネ

今回が2戦目、折り合いを教えながらレースをしている感じ。3コーナーで後ろから並びかけられた時に掛かるところがあった

4コーナーで捲られ苦しい展開になったが、直線は最後まで粘っていた。

 

2戦目、重賞でここまでやれたのは能力がある証拠なので、自己条件に戻れば勝つチャンスは十分ある。

 

まとめ (次走注目馬)

今回のレースを見て、本番の皐月賞で狙える馬は1着サトノフラッグと2着ワーケアの2頭。特にサトノフラッグは強い内容だったので、サリオスやコントレイルと対戦してどこまでやれるか楽しみです。

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。