競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

ファルコンS(2020)回顧

この記事では、ファルコンSの回顧をしていきます。

 

 

G3 ファルコンSを振り返る

中京競馬場 1400m 3歳 別定重量

 

レース展開

 重馬場で行われた。

デンタルバルーンが1頭ハイペースで逃げ、2番手とは1秒ぐらい離れていた。2番手以降はミドルペース。 やや差し馬に有利な流れ。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

  

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 シャインガーネット 牝3 田辺騎手 54.0kg

序盤引っ掛かった

直線反応良く伸び完勝。強い内容だった。

 

次走1600mに距離延長するなら折り合いに課題が残るが、能力はありそうなので持続力が必要な流れになりそうなら。

 

2着 ラウダシオン 牡3 武豊騎手 57.0kg

ゲート内でゴソゴソしていたがスタートを決めて前へ。序盤行きたがるのをなだめながらの追走。

最後まで脚を持続させていたが、勝ち馬に並ばれた時に抵抗できなかった。1kg重い斤量も影響したか

 

3着 ヴェスターヴァルト 牡3 菱田騎手 56.0kg

体がねじれるようにしてスタート。促すとダッシュはすぐについたが周りが速く中団に控えた。序盤掛かり気味だった

直線、上位との差は詰められなかったが良く伸びた。4着馬に外から並ばれると抜かせない根性を見せた。

 

道中馬群で揉まれていたが直線も伸びたように精神的な強さがあると感じた

 

4着 トリプルエース 牡3 藤岡康騎手 56.0kg

よれるようにスタート、隣の馬とぶつかり後方に。促して中団のポジションにつけた。3,4コーナーで馬の間にいて、ぶつかりながら走っていてロスがあった

 

直線は上位との差は詰まらないながらも良く伸びた。

 

5着 レッドライデン 牡3 横山武騎手 56.0kg

出負け、隣の馬と接触し後方に。

あまり伸びない傾向にあった直線の内を通ってきて良く伸びたが、最後は失速した。

 

6着 ウイングレイテスト 牡3 ミナリク騎手 56.0kg

少し促してジワジワと好位のポジションへ。掛かり気味だった

あまり伸びない傾向にあった直線の内を通ってきたがジリジリと伸びてきた。

 

7着 エグレムニ 牡3 岩田望騎手 56.0kg

道中ずっと促す感じ行きっぷりが良くなかった

直線、坂上で脚色が鈍ってしまった。

 

8着 ゼンノジャスタ 牡3 福永騎手 56.0kg

やや行き脚がつかなかったが、促して中団のポジションにつけた。3コーナー手前で接触があってポジションを下げた

 

直線ジリジリと伸びた。

 

9着 ビアンフェ 牡3 藤岡佑騎手 57.0kg

 スタートよくスッと前に行けた。序盤やや力んだ

途中からは折り合っていたが、直線に入ると余力が残っていなかった。

 

休み明けで力んでいた可能性もあるが、馬体が成長して適性がより短距離にシフトした可能性もある。1200mに戻った時に期待したい

 

11着 アブソルティスモ 牡3 丸山騎手 56.0kg

ゲート内の駐立が悪く出遅れ

直線、一瞬伸びそうだったが半ばで失速。

 

敗因は馬場なのか?メンタル面なのか?

 

まとめ (次走注目馬)

NHKマイルCや桜花賞に出てきたときに狙いたくなるような馬はいませんでした。

 

でも、あまり伸びない傾向にあった直線の内を通ってきて頑張っていた、5着レッドライデン、6着ウイングレイテストは評価してもいいと思います。

 

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。