競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

フィリーズレビュー(2020)回顧

フィリーズレビューが2020年3月15日に行われ、5番人気のエーポスが優勝しました。

上位3頭に桜花賞の優先出走権が与えられるので、内容をよく分析して本番でも狙える馬なのか判断したいです。 

 

この記事では、フィリーズレビューの回顧をしていきます。

 

 

G2 フィリーズレビューを振り返る

阪神競馬場 1400m 内回り 3歳牝馬

 

レース展開

稍重馬場で行われた。

ハイペース。1着は差し馬だが、それ以外は前が残った。後方にいる馬たちは追走に脚を使わされてしまった。スピードと持続力が問われた

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 エーポス 岩田康騎手

出遅れ。掛かりそうになったがすぐに折り合った。中団前のポジション。

直線馬群を縫って伸び、差し切り勝ち。最後の脚は目立った

 

コメント)

直線でふらつくようなところもあり、まだ成長段階にあるが、間を割って伸びてこられるのはこの馬の強み。本番でも内で脚を溜められる展開になれば楽しみはありそうです。

 

2着 ヤマカツマーメイド 池添騎手

出負け。かなり促し好位のポジションを取った。

手応えよく直線を向き、前の馬はかわせたが勝ち馬に差されてしまった。(抜け出してフワッとした?)

 

コメント)

休み明けで上々の内容でした。力強さを感じる走り。

 

3着 ナイントゥファイブ 松田騎手

結構促して前へ。4コーナーで早めに動き逃げ馬にプレッシャーをかけにいった。

逃げ馬を負かしにいき先着できたが、後ろにいた馬にかわされてしまった。最後まで良く粘っていた。

 

コメント)

持続力は良いものを持っているが、ピッチ走法なので桜花賞の1600mは疑問

 

4着 カリオストロ 松山騎手

スタートは普通に出たが、周りの馬が速くハナを取るまでに脚を使った。

直線を向いたところで早めに後続に来られ苦しくなった感はあったが、最後まで粘っていた。

 

5着 フェアレストアイル 坂井騎手

促して先行集団を見るポジションへ。

直線、じわじわと差を詰めた。

 

6着 メルテッドハニー 斎藤騎手

好スタート。好位のポジション。

直線反応良く伸びたが最後甘くなった。

 

7着 パフェムリ 西村騎手

好スタート。3コーナーまでずっと促して先行。道中も促すところがあり前を追いかけていた。

直線で徐々に前と離されたが最後まで懸命に走った。

 

8着 ケープコッド M.デムーロ騎手

促して好位のポジションへ。

4コーナーで騎手の手が動き、直線に向いた時には苦しくなり一伸びできなかった。

 

9着 アヌラーダプラ 三浦騎手

中団のポジション。

直線ジリジリ伸びた。

 

コメント)

良いスタートを切っていたので、内枠ならもう少し上の着順には来られたと思います。しかし、それでももう少し脚は使ってほしかったです。

 

まとめ (桜花賞での注目馬は?)

 桜花賞で狙えるとしたら1着のエーポスです。

本番ではペースが流れそうなので、今回見せた持続力は生かせそう。相手は強くなりますが、内枠を引ければ楽しみはありそうです。

 

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。