競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

毎日杯(2020)回顧

毎日杯が2020年3月28日に行われ、2番人気のサトノインプレッサが優勝しました。

新馬戦の勝ちっぷりから注目してきた馬で、これで3連勝。今後が楽しみです。

 

それでは、毎日杯の回顧をしていきます。

 

 

G3 毎日杯を振り返る

阪神競馬場 1800m 外回り 3歳

 

レース展開

馬場:稍重

ペース:ミドル

 

稍重でペースが流れたこともありタフな展開だった。地力がないと上位に来られない流れ。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 サトノインプレッサ 武豊騎手

ゲート内の駐立が悪く出遅れ

前半は馬のリズム、折り合いに専念し最後方からの競馬。

直線で進路を閉められたが、気持ちが萎えることなくもう一度加速して伸びた。気持ちの強さ、反応の良さがある

 

前進気勢がある馬なので、距離を延長するとなれば折り合いが課題になる。将来的にはマイルぐらいの距離で活躍しそう。能力を感じるので今後が楽しみな馬

 

2着 アルジャンナ ヒューイットソン騎手

ゲート内でチャカチャカしていた。促すとスッとダッシュがつき、好位のポジションへ。

直線、ワンペースな感じで最後まで伸びていた。

 

馬体の割には体重が軽く、まだ筋肉がつききっていないのかもしれない。それでも重賞で上位に来るように能力はある。今後の成長に期待。

 

3着 ダノンアレー 福永騎手

好スタート。前のポジションへ。

直線、ジリジリ伸びたが上位2頭とは離された3着。

 

4着 メイショウラツワン 浜中騎手

促してじわじわとハナへ。

2馬身程リードを保って直線に向いたが、半ばで苦しくなった。

 

5着 メイショウダジン 幸騎手

出負け。初の芝レースで序盤は追走に苦労していた

勝負所でもついていけない感じだったが、直線ジリジリ伸びてきた。

 

6着 ストーンリッジ 岩田望騎手

スタートでよれて出負けた。促して好位へ。しかし、促した事でスイッチが入り序盤は引っ掛かっていた

直線、ジリジリ伸びていたが坂で苦しくなった。

 

まとめ 

 着差から見て上位2頭の能力が上でした。

特に、1着サトノインプレッサは3連勝で重賞を制覇。どこまで力を秘めているのか今後が楽しみな馬です。

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。