競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

アーリントンC 2020 回顧 NHKマイルCに向けて

アーリントンCが2020年4月18日に行われ、1番人気のタイセイビジョンが優勝しました。

朝日杯FS2着の実力を見せつけて、このメンバーでは完勝の内容でした。次も楽しみですね。

 

 

この記事は、アーリントンCの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

 

G3 アーリントンCを振り返る

阪神競馬場 Bコース 1600m 外回り 3歳

レース展開

【馬場】稍重

【ペース】ハイ

 3F目(400m~600m)も10秒台の速いラップ、完全に緩むことがなく稍重馬場もありタフな流れ。ラスト3Fが36.7と掛かった。

パワー・持久力が問われる展開で能力もなければ上位には来られなかった

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています

fevreee.hatenablog.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 タイセイビジョン 石橋騎手

好スタートもペースが速く自然と後方のポジションに。折り合いついた。

直線、狭くなった時に躊躇するシーンはあったが良く伸びた。1頭伸びが違った。

 

馬群を縫って伸びて来られたのは収穫このメンバーでは能力が一枚上だったか

 

2着 ギルデッドミラー 岩田望騎手

好スタート前半は掛かり気味だったが、3、4コーナーの中間で折り合った。

直線じりじり伸びていたが上り坂で脚が鈍った。

 

前半力んでいたことを考えればよく走っている。

ペースが速かったのもあるが、折り合い面に進展があった。まだ安心はできないがこの競馬を覚えれば1600mもこなせる。

 

3着 プリンスリターン 原田騎手

促すとスッと前へ。向正面で他馬に並ばれると力むシーンがあった。

3コーナーで外からプレッシャーをかけられ動かざるを得なかった。その影響もありきつい競馬になったが、苦しくなりながらもしぶとく粘った。

 

先行馬にはかなりタフな流れになったが良く粘っている。能力ある

 

4着 ボンオムトゥック 藤岡佑騎手

出負け、促し中団のポジション。

直線じりじり伸びた。

 

このクラスでもやれることを示した。

 

5着 トリプルエース 川田騎手

少しよれてスタート。促し好位のポジションへ。

3コーナーから促していて手応えよく回って来られなかった。

直線粘っていたが上り坂で苦しくなった。

 

6着 ジュンライトボルト 藤井騎手

少しよれてスタート。

終始促して追走に苦労していた

直線はじりじり伸びた。

 

9着 グランレイ 太宰騎手

出負け、促すもダッシュつかず後方のポジション。

3コーナーでポジションを上げるが、4コーナーで手応えが悪化し鞭が入る。

直線では伸びがなかった。

 

12着 ノルカソルカ 幸騎手

ゲート内の駐立悪い。促しハナへ。

4コーナーで並びかけられると手応えが悪化し後退していった。

 

ハナに行くまでに脚を使ってしまった。

スタートする体勢が良くなかったので、すぐにダッシュがつかなかった。逃げる戦法を取るならスタートは改善したい

 

まとめ(NHKマイルCに向けて)

3着までの馬にNHKマイルCの優先出走権が与えられるので、その3頭について考えます。

 

1着タイセイビジョンは、レース前は折り合い面を心配していましたが、しっかり折り合っていましたこのメンバーでは能力が一枚上だったので、NHKマイルCでも期待できると思います。

 

2着ギルデッドミラーは、折り合い面に進境を見せました。引き続き折り合いは課題ですが、重賞でもやれるところを示しました。

 

3着プリンスリターンは、厳しい競馬を強いられましたが良く頑張っています。能力はあるので、乗り方次第で上位争いも可能だと思います。

 

 

ということで、NHKマイルCではタイセイは有力馬として、プリンスは穴馬候補として考えています。

 

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。