競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020/4/25・4/26 先週の馬場傾向分析 天皇賞・春に向けて

この記事では、2020年4月25日・26日の

  • 東京競馬場(4/26 フローラS)
  • 京都競馬場(4/26 マイラーズC)
  • 福島競馬場(4/25 福島牝馬S)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

来週は日曜日に天皇賞・春が行われます。

 

 

東京競馬場・芝コース(Aコース

土曜日(4月25日)

全レース良馬場で行われた。直線内からの横風。

2勝クラスの1400mで1:20.2、レコードに0.8秒差が出ていて時計は速いと言えるのだが少し違和感があった。

 

高速馬場ならばスローペースになった時、上がり3Fが33秒台になることが多々ある。

しかし、スローだったレースで上がりが速くならなかった。下級条件だったからなのか、風が強かったからなのか、馬場が原因なのか、日曜日のレースを見て判断したい。

 

ミドルペースのレースは勝ち時計が速め、スローペースは標準で上がりが速くならない。瞬発力が活きないのかもしれない。差しも効くが、後方からの追込は厳しい

 

日曜日(4月26日) フローラS

全レース良馬場で行われた。午後、直線は内からの横風。

3歳未勝利戦の1600mで1:33.2、フローラSで1:58.7のレースレコードが出ていて、土曜日に続いて時計は速い

 

土曜日に感じた、上がりが速くならない違和感だが今日も同様だった。

結論としては、強い風が吹いていて、その風にあおられてスピードが出にくかったのではないかと推測した。

 

馬場は速いが、風の影響でスピードが出づらい。差しも効くが、後方からの追込は厳しい

 

 

(比較用メモ)

7R1勝2000 2:00.0 上がり34.4(11.6-11.2-11.6) S

 

 

京都競馬場・芝コース(Cコース

土曜日(4月25日) 

全レース良馬場で行われた。直線は追い風。

時計は速め。レースの上がり3Fが33秒台だったり、上がり最速の馬が32秒台が出ていて高速馬場の雰囲気もある

前が止まりづらくもあるが、瞬発力が活きる馬場でもある。

 

反応が良く俊敏な馬を選びたい。反応が遅い・瞬発力がないタイプの馬はマイナスで、早めに動いた方が良い。

 

レース後、散水が行われた。 

 

 

(比較用メモ)

7R1勝1800 1:47.4 上がり34.6(11.7-11.3-11.6) S 

 

日曜日(4月26日) マイラーズC

全レース良馬場で行われた。

傾向は土曜日とほぼ同じ。

時計は速い。土曜日に続き、レースの上がり3Fが33秒台、上がり最速が32秒台があった。高速馬場の特徴を示しているが、差しも効かなくはない

前が止まりづらいが、瞬発力が活きる馬場でもある。

 

反応が良く俊敏な馬を選びたい。反応が遅い・瞬発力がないタイプの馬はマイナスで、早めに動いた方が良い。

 

 

(比較用メモ)

7R1勝1400 1:22.7 上がり33.9(11.6-10.9-11.4) S

 

 

福島競馬場・芝コース(Bコース

今週からAコースからBコースに替わり、内柵が2m外(3,4コーナーは2.5m)に移動します。内側の荒れた馬場が減ります。

土曜日(4月25日)福島牝馬S

全レース良馬場で行われた。午後は直線追い風。

時計は標準~速め。ペースが流れれば差しも決まる。展開次第。

最後の1Fが加速ラップになっているレースがあったが、追い風の影響でそうなったのかもしれない。

 

直線、外を通った馬がよく伸びたように見えるが、4コーナーでまくられたりしたもので、福島牝馬Sでは内差しが決まっていた。馬場は多少荒れているが、内を通ってもほとんど影響はないと見る。

 

 

(比較用メモ)

7R1勝2000 2:00.8 上がり35.1(12.1-11.4-11.6) S 残り4Fから流れた

9R1勝1200 1:09.4 上がり35.2(11.8-11.9-11.5) H,2番手は34.5ぐらい 道中縦長 

 

日曜日(4月26日)

全レース良馬場で行われた。昼前から直線は外からの横風。

傾向は土曜日とほぼ同じ。

2勝クラスまでが行われ、時計は標準。ペースが流れれば差しも決まる。展開次第。

 

4コーナーの馬場は多少荒れているが、内を通ってもほとんど影響はないと見る。

 

 

(比較用メモ)

9R1勝1800 1:49.5 上がり35.3(11.6-11.6-12.1) S 残り4Fからペースアップ

 

 

来週に向けて

まず東京についてです。

馬場は速いが、風の影響でスピードが出づらかった。差しも効くが、後方からの追込は厳しいという傾向がありました。

 

馬場は速いので、風が止めば瞬発力があるタイプが活躍しだす可能性はあります

 

 

次に京都についてです。

時計は速く、高速馬場の雰囲気もある。前が止まりづらいが、瞬発力が活きる馬場でもある。差しも効かなくはない

スピードが出る馬場なので、反応が良く俊敏な馬を選びたい。反応が遅い・瞬発力がないタイプの馬はマイナスで、早めに動いた方が良い。

という傾向がありました。

 

雨の影響が残らなければ、長距離戦で行われる天皇賞・春も例年通り内枠が有利になると思われます。

 

 

最後に福島についてです。

時計は標準的で、ペースが流れれば差しも決まる。展開次第。

4コーナーの馬場は多少荒れているが、内を通ってもほとんど影響はない

という傾向がありました。

 

馬場の荒れが進んだ可能性があるので、4コーナーから直線の内側を通っても大丈夫なのか、レースをよく見て判断したいです。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

 

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。