競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

マイラーズC 2020 回顧 安田記念に向けて

マイラーズCが2020年4月26日に行われ、1番人気のインディチャンプが優勝しました。

昨年のマイル王者が力の違いを見せつけました。安田記念の連覇達成に向けて弾みをつけました。

 

この記事は、マイラーズCの回顧をしていて、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

 

G2 マイラーズCを振り返る

京都競馬場 Cコース 1600m 別定重量

レース展開

【馬場】良

【ペース】スロー

前2頭が後ろを1秒程離し、馬群が2つに分かれる。3番手以下はさらに遅いペース。

先行馬に有利な流れ

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています

fevreee.hatenablog.com

 

 各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 インディチャンプ 福永騎手 58.0kg

馬なりで4番手のポジション。

下り坂で勢いをつけて直線に向く。馬なりで前をかわし、ほとんど追うところなくゴール。かなり余裕のある勝ち方だった。

 

さすが昨年の春秋マイルG1のチャンピオンという走り。力の違いを見せつけた

 

2着 ベステンダンク 藤岡佑騎手 56.0kg

促し2番手。逃げ馬にびったりついてプレッシャーをかけていく。

最後まで止まらずに粘った。

 

楽なペース、後ろも離れていて展開はこの馬に向いたが勝ち馬が強すぎた。

 

3着 ヴァンドギャルド 岩田望騎手 56.0kg

ゲート内の駐立が悪く、ジャンプスタート、出遅れ

直線、反応良くかなり良い脚を使ったが、最後方からでは厳しかった。

 

直線の伸びは目立ったし、重賞を勝つ能力はありそうだが、ゲートの課題をもう少し解消しないとなかなか難しい。

 

4着 ロードクエスト 松若騎手 56.0kg

後方のポジション。向正面で力むシーン

直線までジッとして、良い脚を使った。

 

5着 ヴァルディゼール 北村友騎手 56.0kg

良いスタートを切り、促したがそれほど前に行けず中団のポジション。

下り坂でペースが上がった時にすぐに反応できず鞭が入る。

直線伸びてきてはいたが、前との差を詰めるほどではなく良い脚とは言えなかった。

 

現状では俊敏さが足りない感じ。力をつけて重賞に再挑戦してほしい。

落鉄もあったらしい。

 

6着 レッドヴェイロン 浜中騎手 56.0kg

促したが外枠なのもあって前に行けず後方のポジション。

4コーナーから反応が遅い。最後伸びてきてはいた。

 

以下のサイトで、レース後にコメントしています。敗因について馬場を挙げています。

hochi.news

 

7着 ランスオブプラーナ 太宰騎手 56.0kg

促しハナへ。

最後まで止まっていなかったが、この馬には時計が速かったか。

 

8着 ブラックムーン 武豊騎手 56.0kg

 後方のポジション。向正面で接触などもあって力むシーン

直線、スムースではなかったが脚は使っていた。

 

この馬には展開が向かなかったし、時計が速かった。

 

まとめ(安田記念に向けて)

 メンバーもペースもそれほどレベルの高いレースだったとは言えませんが、1着インディチャンプは完勝の内容で安田記念でも好勝負できるのではないでしょうか。

 

他の馬で目立った馬は、3着のヴァンドギャルドです。直線の伸びは目立ちましたが、出遅れが響きました。3歳時から能力を感じていたので、課題を克服して重賞を勝ってほしい馬です。 

 

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。