競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

京王杯スプリングカップ 2020 回顧 安田記念に向けて

京王杯スプリングカップが2020年5月16日に行われ、2番人気のダノンスマッシュが優勝しました。 

レーン騎手の好判断が光りましたね。さすがでした。

 

 

この記事は、京王杯スプリングカップの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

 

G2 京王杯スプリングカップ を振り返る

東京競馬場 Bコース 1400m 別定重量

レース展開

【馬場】稍重

【ペース】スロー

勝ち時計 1:19.8 / ラップ 35.2-11.5-33.1(10.9-10.9-11.3

速い時計が出る馬場なのもあり、前が止まらなかった

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。 

fevreee.hatenablog.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 ダノンスマッシュ レーン騎手 56.0kg

促してハナへ。他馬が行く気がなかったのもあるが、スタートダッシュのスピードが違った。すぐに折り合いもついた。

直線、ゴーサインを出すのを待つ余裕もあり、他馬を寄せ付けず逃げ切った。

 

ゲート入りが最後だったことで、待つ時間がほとんどなくスタートできたのがよかった。それでも落ち着きがなかったので、次走以降もスタートに課題は残る

前走高松宮記念の敗因は緩い馬場。今回も道悪だったが、速い馬場だったのでこなすことができた。

 

2着 ステルヴィオ 川田騎手 57.0kg

ゲート内の駐立は良くなかったが、ほぼ同時にスタートを切れた。

促して前のポジションを取った。

直線、伸びていたが勝ち馬との差が詰まらなかった。斤量差もあったか。

 

3着 グルーヴィット M.デムーロ騎手 56.0kg

促して前のポジションへ。

4コーナーで逆手前(右手前)で走っていて、少し外に膨らみ気味に走っていた。

直線、伸びてはいるが勝ち馬には突き放されてしまった。

 

直線ずっと右手前で走っていて、1度も手前を替えなかった。

 

4着 ラヴィングアンサー 吉田豊騎手 56.0kg

下げて後方のポジション。

直線、反応良く、長くいい脚を使い追い込んだ。

 

良く頑張っているが、この競馬だと展開待ちになってしまう。

 

5着 セイウンコウセイ 内田博騎手 57.0kg

好スタートを切ったが、ハナには行かず2番手。

直線、浮ついた走りですぐに加速できなかったが、最後は盛り返してきた。

瞬発力勝負も分が悪い。

 

6着 ケイアイノーテック 石橋騎手 57.0kg

少し躓き、ダッシュがつかず後方のポジション。

直線、進路が確保できないながらも、最後は差を詰めてきた。

 

展開がハマればチャンスはある。

 

7着 ストーミーシー 田辺騎手 56.0kg

促したが他馬が速く中団のポジション。

直線、伸びてはいるが、いつものこの馬の脚ではなかった。

 

瞬発力勝負になったのは分が悪かったが、疲れもあったかもしれない。

 

8着 タワーオブロンドン ルメール騎手 58.0kg

好位のポジション。前半掛かった

直線、伸びきれず残り100mぐらいで失速。

 

馬場を気にして走れなかったのか、出来が万全ではなかったのか、掛かったことが影響したのか。何にしろ、1200mの方がレースはしやすそう

 

9着 エントシャイデン 松山騎手 56.0kg

ゲート内の駐立良くない。少し躓く。促して好位のポジションへ。

折り合いはついていたが、直線で伸びきれなかった。

 

後方で脚を溜めるスタイルが合っているか。

 

13着 ドーヴァー 三浦騎手 56.0kg

 出遅れ、前に入られ後方のポジション。

直線、伸びがなかった。

 

瞬発力に優れたタイプではなく、出遅れたのは痛かった。

 

まとめ  安田記念に向けて

レースを見て、安田記念で狙えそうな馬は上位2頭です。

 

1着ダノンスマッシュは、出走するかはわかりませんが、今回の走りなら1600mもこなせる可能性はあります。あとは、速いペースでスタミナが持つかということと、スタートを遅れずに出られるかが焦点になります。

 

2着ステルヴィオは、今日のようにスタートを遅れずに出られればチャンスはあると思います。昨年の安田記念は出遅れてレースの流れに乗れなかったので、中団より前で競馬したいところです。近走短距離を使っているのでスピードには乗りやすくなっているはずです。

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。