競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年6月6,7日 芝レース馬場傾向分析 来週に向けて

この記事では、2020年6月6日・7日の

  • 東京競馬場(6/7 安田記念)
  • 阪神競馬場(6/6 鳴尾記念)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

東京競馬場・芝コース(Cコース

開催7週目、Cコース2週目。Bコース時より内柵が3m外に移動している。

金曜日に芝コースに散水。

土曜日(6月6日) 

 全レース良馬場で行われた。 

2勝クラスまでが行われ、速い時計が出ていた。時計が速い分、前は止まりづらいが、ペースが流れれば差しも決まる。

3勝クラス以上になれば前が止まりづらい傾向は強くなりそうだが、今夜雨が降る予報が出ている。馬場傾向が変わると思うので、明日のレースを見て判断したい。

 

有利な脚質:逃げ・先行(やや有利)

不利な脚質:追込(やや不利)

 

(メモ)

4R3歳未1600 1:35.0 上がり35.9(11.9-11.9-12.1)  H(35.2/46.9-48.1/35.9 -1.2)4角緩む 差し優勢

5R2歳新馬1600 1:37.2 上がり34.3(11.7-11.0-11.6) S(37.9/50.6-46.6/34.3 +4.0)

8R1勝2300 2:19.0 上がり34.2(11.5-11.2-11.5) S(4.5F 55.7 +1.3)残4Fからスパート やや縦長で直線 前残り

9R1勝1800 1:46.4 上がり34.0(11.3-11.1-11.6) S(5F 60.6 +1.5)残4Fからペースアップ 前が粘り差し・追込が差を詰めてきた

10R2勝1400ハンデ 1:20.1 上がり34.3(11.0-11.3-12.0) M(34.5-11.3-34.3 +0.2) 縦長で直線 好位までで決着

 

日曜日(6月7日) 安田記念

 全レース稍重馬場で行われた。

2勝クラスまでは時計は標準的、G1では速かった。稍重にしては時計が速かったが、元が速い馬場だったのが要因だと思われる。

前も粘れるし、差してくることも可能。ペースが速くなれば差し勢が優勢になりえる。有利不利のないフラットな馬場

 

4コーナー内側の路盤の土は掘れていたが、空けて走る感じはなかった。

直線内側は少し荒れているように見えたが、雨で水分を含んでも内を通った馬は走れていた。

 

脚質による有利不利:なし

 

(メモ)

 4R3歳未2400 稍重 2:26.2 上がり36.3(12.1-11.9-12.3) M(5F 60.6 -0.3)緩む箇所はあったがほぼ流れた 差し優勢 外差し

5R2歳牝新馬1600 稍重 1:37.7 上がり34.5(11.5-11.4-11.6) S(38.0/50.5-47.2/34.5 +3.3)

6R2歳新馬1400 稍重 1:23.7 上がり35.5(12.0-11.5-12.0) M(35.5-12.7-35.5 ±0)4角緩む 差しが決まったが内も粘った

8R1勝1400 稍重 1:21.5 上がり34.8(11.3-11.3-12.2) M(34.9-11.8-34.8 +0.1)4角やや緩む やや縦長で直線 中団からの差しが決まったが内も粘った

9R2勝2000 稍重 2:00.2 上がり34.8(11.7-11.1-12.0) S(61.0-59.2 +1.8)5F目12.5以外はほぼ流れた(緩め) 差し・追込も来たが前も粘る

11RG1・1600 稍重 1:31.6 上がり34.3(11.4-11.0-11.9) M(34.2/45.7-45.9/34.3 M) 差し優勢

 

  

阪神競馬場・芝コース(Aコース

開催週、Aコース1週目。

金曜日に散水。

レース前から前開催の傷みは若干残っている印象。

土曜日(6月6日) 鳴尾記念

 全レース良馬場で行われた。昼に少し雨が降った。

時計は標準的。開幕週で馬場が綺麗な分、やや前が止まりづらいが、ペースが流れれば差しが決まる有利不利のないフラットな馬場

 

内側の路盤の土が若干掘れていた。影響はほとんどないように見えたが、直線は内を通った馬が結構活躍していた印象で、外から伸びてくる馬もいたが若干内有利か

 

脚質の有利不利:なし

  

(メモ)

4R3歳未2000内 2:02.1 上がり34.5(11.6-11.2-11.7) S(62.3-59.8 +2.5) 縦長で直線 前残り

5R2歳新馬1600外 1:36.6 上がり34.5(11.6-11.2-11.7) S(36.6/49.4-47.2/34.5 +2.2)

6R牝1勝1600外 1:33.9 上がり35.1(11.3-11.7-12.1) M(35.1/46.9-47.0/35.1 -0.1) 持久力必要 1,2着差し馬

8R1勝1200内 1:09.2 上がり35.1(11.1-11.5-12.5) H(34.1-35.1 -1.0) 縦長で直線 持久力必要 前残り

9R2勝1800外 1:47.7 上がり34.7(11.3-11.2-12.2) S(5F 60.9 +1.1)3角緩む 固まって直線 3着差し馬

11RG3・2000内 2:00.1 上がり36.3(11.7-12.1-12.5) M(60.0-60.1 -0.1)2角緩んだ以外は流れた 残4Fからスパート 持久力必要

 

日曜日(6月7日)

全レース良馬場で行われた。 11Rの頃に、直線内から強い横風が吹いていた。

時計は速め。スローペースのレースばかりだったが、差しも効いていて有利不利はなかったように思う。

 

内側の路盤の土は掘れておらず、昨日より馬場が乾いたと思われる。

 

脚質の有利不利:なし

 

(メモ)

 2R3歳未1600外 1:34.3 上がり33.410.6-11.0-11.8) S(36.4/49.1-45.2/33.4 +3.9)残4Fから流れた 縦長で直線 

5R2歳新馬1400内 1:22.0 上がり34.2(11.6-11.2-11.4) S(35.8-12.0-34.2 +1.6) 

8R1勝2000内 2:00.3 上がり34.5(11.7-11.1-11.7) S(61.0-59.3 +1.7)固まって直線

9R2勝1200内 1:08.4 上がり33.910.7-11.2-12.0) S(34.5-33.9 +0.6)前粘り差しも

11R3勝1600外 1:33.2 上がり34.4(11.1-11.0-12.3) S(35.5/47.2-46.0/34.4 +1.2)序盤遅く、後は流れた 前粘り差しも

 

 

来週に向けて

東京は、 時計は速め。高速馬場でレコードタイムに近い時計が出ていた頃を思うと、少し時計は掛かるようになった印象はある。しかし、まだ速めの馬場なので前が止まりづらい傾向はやや残っている

また、内側の馬場が傷んできていて、今週稍重馬場でレースをしたため傷みが進んだ可能性がある。内側は伸びなくなる等の変化は頭に入れておきたい。

 

阪神は、1週目なので傾向を判断するのは難しいが、時計は速め。水分を含んだ馬場になれば時計は掛かってくると思う。

差しは効いていて、脚質による有利不利はなさそうだった。

 

  

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.hatenablog.com

  

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。