競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

七夕賞 2020 予想 道悪のハンデ戦...いかにも荒れそう

七夕賞が7月12日(日曜日)に行われます。 

 

 

この記事では七夕賞の、

  • 出走馬の特徴
  • レース展開予想

を考えていきます。

 

最後に予想を書いています。

 

 

G3 七夕賞

福島競馬場(Aコース) 芝2000m ハンデ戦

負担重量

57.0kg エアウィンザー、クレッシェンドラブ

56.5kg マイネルサーパス

56.0kg ウインイクシード、ジナンボー、ノーブルマーズ、レッドローゼス

55.0kg オセアグレイト、バレリオ、ヒンドゥタイムズ、ブラヴァス

54.0kg アウトライアーズ、ソールインパクト、パッシングスルー(牝 ⇒56.0kg相当)、ヴァンケドミンゴ

52.0kg リュヌルージュ牝 ⇒54.0kg相当

 

出走馬の特徴

1 バレリオ 牡5 石橋騎手 55.0kg

脚質:差し・先行

 

長所・強み

  • 好走した時はいい走りを見せる。重賞でも通用しそうな素質は感じる

短所・不安点

  • スタートが速くない。
  • 気持ちの問題なのか、力を発揮しきれない時がある。
  • 緩まないペースで好走歴がなく、そういうペースになりやすい福島コースへの対応が鍵

馬場適性

  • 時計の速い馬場は、スピードがあるので速くなりすぎなければある程度はこなせそう。
  • 古馬になってからは道悪で走っていない。道悪適性は未知数

 

距離を短縮して新馬戦以来の2000mになるが、走ることに前向きな面があるので対応はできそう。力を出し切れば、好走してもおかしくない。

 

2 ウインイクシード 牡6 横山武騎手 56.0kg

脚質:先行(差し)

 

長所・強み

  • 持久力がある。
  • 先行力があり、堅実

短所・不安点

  • 1頭になると気を抜く面がある。
  • 速い脚がなく、ペースが速くなると少し苦戦する。
  • 約3か月振りのレース。力を出せる状態にあるか。

馬場適性

  • 速い脚があるタイプではないので、時計の速い馬場は分が悪い
  • 重馬場で行われた福島民報杯では直線でバランスを崩していたので、あまり道悪になりすぎるのはよくない。

⇒緩くなく、時計のかかる馬場がいい。 

 

速い脚がなく早めに仕掛けたいが、1頭になると気を抜く面があるので仕掛け所が難しい。この部分が、堅実だが勝ち切れないことに繋がっていそう。

ペースが速くなりすぎなければ、今回も堅実に走れそう。

 

3 クレッシェンドラヴ 牡6 内田博騎手 57.0kg

脚質:差し・追込

 

長所・強み

  • 瞬時の加速が可能。瞬発力もある。
  • 福島競馬場で重賞を勝っている。

短所・不安点

  • スタートダッシュがつきづらい面があり、後方からの競馬が多い。
  • 6か月ぶりのレース。力を出せる状態にあるか。

馬場適性

  • 機敏さは持っている馬だが、ポジションが後ろになりがちなので前が止まらないような時計が速い馬場は分が悪いか。
  • 函館の重で勝っているが、馬場はそこまで掘れていなかった。実質、稍重までこなせると判断したい。重馬場以上は未知数

 

福島競馬場との相性が良い。OPクラスで3戦とも2着以内。

休み明けで力を出せる状態にあるかが鍵になる。

 

4 パッシングスルー 4 戸崎騎手 54.0kg

脚質:差し・先行

 

長所・強み

  • 福島で勝っていて持久力がありそうだし、スピードが必要なレースだった紫苑Sでも勝ち、色んな展開に対応できる

短所・不安点

  • 道悪以外の弱点は今のところ見当たらない。

馬場適性

  • 紫苑Sで速い時計で勝っているので、時計の速い馬場は歓迎か
  • 稍重馬場で勝っているが、その時もバランスを崩す場面があったので、ベストは良馬場

 

約3か月の休み明け。

雨予報が続いているのはこの馬には良くない。良馬場に近い稍重ぐらいじゃないと厳しいと思う。

 

5 マイネルサーパス 牡4 国分優騎手 56.5kg

脚質:差し

 

長所・強み

  • 持久力が必要な展開でしぶとさを発揮している。時計のかかる馬場でそれがより活きている印象。

短所・不安点

  • フットワークが大きく、瞬時の加速は得意ではない。スムースなレースがしたい。
  • 気持ちの問題なのか、たまに力を発揮しきれていないように見える。

馬場適性

  • そこまで速い脚がないので、時計の速い馬場は歓迎ではない。
  • あまりにもぐちゃぐちゃな道悪はわからないが、重馬場でも勝ち鞍がある

 

道悪の福島競馬場で2回とも2着以内だし、今回もこの馬に向く馬場にはなりそう。ただ、安定感には欠ける気がするので信頼はしきれない。

 

6 ジナンボー 牡5 レーン騎手 56.0kg

脚質:先行・差し

 

長所・強み

  • 新潟記念・小倉大賞典の内容から持久力があると判断できる。
  • 前走G1で6着。勝ちに行っての内容で悪くなかった。ここでは能力は上位

短所・不安点

  • 走る事に前向きで、他の馬に競られると力む面が見受けられる。
  • ゲート内で少し落ち着きがない面があるので、タイミングが合わなければ出遅れることも。

馬場適性

  • 新潟記念で速い時計で2着している。時計の速い馬場は得意か
  • 不良馬場で勝っているが、水飛沫は飛んでいたものの馬場はそこまで掘れていなかった。実質、稍重までこなせると判断したい。重馬場も馬場の傷み次第では疑問が残る。

⇒道悪もこなせるが、スピードがあるので良馬場がベストか

 

折り合いが課題になる。ペースが落ち着きそうなら逃げもあるか。

休み明けは気性的に問題なさそう。

 

7 エアウィンザー 牡6 三浦騎手 57.0kg

脚質:差し(追込)

 

長所・強み

  • G1で5着していて実績は上位
  • 瞬発力に優れている。

短所・不安点

  • 精神的なものなのか、状態が戻って来ないのか、京都大賞典以降本来の力を出し切れていない。
  • ゲートで少し落ち着きがなく出遅れる可能性がある。

馬場適性

  • むらさき賞やチャレンジCで良い時計で勝っていて、時計の速い馬場は歓迎。
  • 瞬発力が削がれるので道悪は良くないが、多少の悪化ならこなせる。

  

近走力を出せていないし、良馬場で瞬発力を活かしたいが、雨予報が続いているので...。

 

9 ノーブルマーズ 牡7 高倉騎手 56.0kg

脚質:先行・差し

 

長所・強み

  • 宝塚記念で3着、G2でも度々上位に来ていて実績は上位
  • 持久力がある。

短所・不安点

  • スタートは上手いが、その後のダッシュが速くない。
  • 速い脚がなく、ペースが速いと取りたいポジションを取れなかったり、スピードに対応しきれない面がある。
  • 強い相手とでも善戦できるが、メンバーレベルが下がっても勝ち切れない。気持ちの面で頑張れない所があるか。

馬場適性

  • 速い脚がないので、時計の速い馬場は分が悪い。時計は多少かかった方が良い。
  • 道悪はこなせるが、タフな馬場になりすぎると気持ちが切れてしまいそう。

  

ハマればG1でも善戦できる能力はあるのだろうが、ペースや馬場など好走の条件が揃うのはなかなか難しい。自分のリズムで走らせた方が良さそう。今回もハマれば。

 

11 ヒンドゥタイムズ 牡4 北村友騎手 55.0kg

脚質:差し・先行

 

長所・強み

  • 瞬時に加速できる。
  • 堅実に自分の力を発揮できる。

短所・不安点

  • 東京コースの長い直線で最後伸びが鈍った。長く脚を使えないのかもしれない。もしそうならロングスパートになりやすい福島コースは不向きということになる。今までスローペースのレースが多かったし、そこへの対応が鍵。

馬場適性

  • 器用な競馬ができるし、瞬発力もあるので時計の速い馬場は良さそう。
  • 重馬場で勝ち鞍があるが、馬場はあまり掘れていなかった。稍重までこなせると判断したい。重馬場以上は未知数。

 

 昇級戦で重賞挑戦、チャレンジの1戦になる。堅実さをここでも発揮できるか。

 

12 ヴァンケドミンゴ 牡4 酒井騎手 54.0kg

脚質:差し・追込

 

長所・強み

  • 長く脚を持続できる。福島競馬場で4戦4勝なことも頷ける。

短所・不安点

  • たまに出負ける。

馬場適性

  • 時計の速い馬場は、脚質的に分が悪い。多少時計が掛かった方がいい。
  • 稍重で勝ち鞍があるがバランスを崩すようなシーンもあった。ベストは良馬場か

 

昇級戦で重賞挑戦になるので力が通用するかが鍵になる。道悪になりすぎなければ。

 

13 ブラヴァス 牡4 福永騎手 55.0kg

脚質:差し・先行

 

長所・強み

  • 他馬に並ばれると負けん気を見せる。堅実。

短所・不安点

  • これといった弱点はなくなってきた。挙げるとすれば、勝ち切るには一押し足りないことぐらい。

馬場適性

  • 時計の速すぎる馬場だと微妙だが、ある程度なら対応できる。
  • 稍重では勝ち鞍があり、時計のかかる馬場は問題ない。しかし緩い馬場への適性は未知数。

 

徐々に力をつけてきた。成長する余地はまだ残していそうだが、素質的にはここでも好勝負できるはず。

 

14 オセアグレイト 牡4 野中騎手 55.0kg

脚質:差し・先行

 

長所・強み

  • 折り合いがつく。
  • ダイヤモンドSで3着しているようにスタミナがある。

短所・不安点

  • スタートダッシュが速いタイプでもないので、距離短縮の今回はポジションがいつもより後ろになる可能性もある。

馬場適性

  • 時計が速い決着の時に、脚が溜まらないのか最後苦しくなっていた。瞬発力もそこまでないので、多少時計はかかった方が良い。
  • 不良馬場で勝っているが、その時は水飛沫は飛んでいたものの馬場はそこまで掘れていなかった。重馬場以上は未知数

 

小回りの2000mのスピードに対応できるかが鍵になる。

 

15 リュヌルージュ 5 M.デムーロ騎手 52.0kg

脚質:先行・差し

 

長所・強み

  • 2走前以外は毎回自分の力は出し切れる。
  • フットワークが小さいので瞬時に加速できる。スタートダッシュもすぐにつく。

短所・不安点

  • 速い脚がないので、瞬発力勝負など速いスピードを求められると分が悪い。

馬場適性

  • 時計の速い馬場は分が悪い。
  • 不良馬場でも好走していて、道悪は苦にしない。時計のかかる馬場は歓迎。

 

年齢を重ねたせいか、反応が鈍くなってきたように見える。時計はかからないと厳しそう。

 

16 レッドローゼス 牡6 石川騎手 56.0kg

脚質:差し・追込

 

長所・強み

  • 瞬発力もあるし長く脚を持続させることもできる。

短所・不安点

  • 直線まで脚を温存した方が良さそうで、展開待ちになってしまう。折り合い面を考えても促してポジションを取りにいかない方がよさそう。

馬場適性

  • 時計のかかるコースでも走れるが、軽い走りをするので時計の速い馬場の方が良さそう。差し馬なので、 前が止まらなくなると辛いが。
  • 重馬場でも走れているので道悪はこなせるだろうが、ベストは良馬場か。

 

 内でジッとしていた方がよさそうなので大外枠はマイナスだし、馬場が悪くなりそうなのも良くない。

 

レース展開予想

 先行馬も少なく、速いペースで行きたい馬も見当たらないので前半のペースは落ち着きそう。

直線が短いコースなので、向正面で動く馬がいそうでロングスパートの展開になるか。

 

ハイペースにはならないか。

スロー~ミドルペースになり、後半は締まった流れになりそう

 

現時点での予想(本命など)

 混戦なので、軸は決めずにBOX買いがよさそうです。

 

注目馬は、次の5頭です。

ウインイクシード

クレッシェンドラヴ

ジナンボー

ノーブルマーズ

リュヌルージュ

 

最終的な予想はTwitterに書く予定です。

 

 

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。