競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

札幌記念 2020 回顧 ラッキーライラック3着...敗因は?

札幌記念が2020年8月23日に行われ、2番人気のノームコアが優勝しました。 

 

 

この記事は、札幌記念の回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

 

G2 札幌記念を振り返る

札幌競馬場 Cコース 2000m

 

▼札幌記念の予想記事はこちら 

fevreee.com

 

レース展開

【馬場】良

【勝ち時計】1:59.4

【ペース】スロー 上がり 35.2(11.7-11.6-11.9)

 残り4Fからペースアップ。先行有利の流れと思いきや、差し勢が上位に来た。数字以上にラストスパートが速い流れになったのかもしれない。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 ノームコア 牝5

横山典騎手 55.0kg

 好スタート。促して好位のポジション。

4コーナーでスムースに馬群を捌くことができ、反応良く良い脚を使った。

 

前走マイルの速いペースで今回は中距離のスローペースだったが、折り合いはバッチリついていた。ノリさんの好騎乗も光ったが、今は中距離の方が合っている印象を受けた。

 

2着 ペルシアンナイト 牡6

大野騎手 57.0kg

中団後方のポジション。 

4コーナーでスムースに馬群を捌くことができ、良い脚を使った。

 

ノームコアの後ろにいたことで進路ができ、スムースに加速できたのが大きかった。さすがにG1を勝っているだけあり、今回のメンバーでは力が上だったか。

 

3着 ラッキーライラック 牝5

M.デムーロ騎手 55.0kg

 好スタートを切りスッと前に出た。最初の直線で馬群に包まれないように2番手を主張。

 

先行勢の中では1頭だけ粘ったので頑張ってはいるのだが、陣営からのコメントにあったように、脚を溜めた時のパフォーマンスが高い印象はある。

 

結果的に前につけたことで後続からのプレッシャーがきついレースになり、最後の一押しがなくなったしまったのかなと思う。ミルコの騎乗が悪かったわけではないが、今回は先行策が裏目に出てしまったか。

状態は良さそうだった。

 

4着 ポンデザール 牝5

ルメール騎手 55.0kg

促して好位のポジション。

終始促しつつの追走だったが、最後までジリジリとしぶとく脚を使った。

 

やはり2000mの距離は忙しかったが、先行馬に苦しい流れになって上位に浮上。しかし時計が速くならない洋芝が合うのは確か。

 

5着 イェッツト 牡5

横山武騎手 57.0kg

後方のポジション。

ギリギリまで脚を溜めて直線良い脚。

 

展開が向いた面はあったが、馬の長所を活かし切った好騎乗だった。3勝クラスにいる馬だが、G3ぐらいでもやれそう

 

6着 トーセンスーリヤ 牡5

横山和騎手 57.0kg

隣の馬が落ち着きなかったのにつられてか、自身もゲート内で落ち着きを欠き出負け。促して前に行ったが、ここで少し脚を使った

ペースが上がった所で反応が鈍く、しぶとく伸びてはいたが上位とは離されてしまった。

 

もう少し走れてもいい気はするが、現状ではG1で戦うには力をつけないと厳しいのかもしれない

 

7着 カウディーリョ 牡4

藤岡佑騎手 57.0kg

 促して前へ。2コーナーでポジションを上げた。

3コーナーでラッキーライラックにプレッシャーをかけていく勝ちに行く競馬。結果的には放されてしまったが、最後までしぶとくは走っていた。

 

相手が強かった。G3ぐらいならチャンスはある。

 

8着 トーラスジェミニ 牡4

木幡育騎手 57.0kg

結構な距離促してハナへ。

3コーナーで自らペースを上げたが、ラッキーライラックに早めに来られてしまい苦しい展開になった。

 

大外枠だったので、懸念通りハナに行くまでに少し脚を使ってしまった。相手も強かった。

 

9着 ブラックホール 牡3

石川騎手 54.0kg

 肩ムチを入れて中団のポジション。いつもより前のポジションを取りに行った

ペースが上がった所で反応よく加速できず、直線でも伸びがなかった。

 

展開は向いたが、きつい競馬をしているわけでもないのに最後脚が使えなかった。敗因は明確にはわからないが、後方で脚を溜めて最後にそのパワーを爆発させる競馬が現状ではいいのかもしれない。

 

10着 アドマイヤジャスタ 牡4

吉田隼騎手 57.0kg

 出負け。促したが中団後方のポジション。

ペースが上がった所で反応よく加速できず、外を回る形になって苦しくなった。

 

前走はハイペースで上がりがかかる展開。今回はスローペースで終盤速くなり展開は向いてくれなかった。相手も強かった。

 

11着 ドレッドノータス せ7

坂井騎手 57.0kg

 ゲート内での落ち着きがなかったが、好スタートを切り前へ。

ペースアップした所で反応しきれず遅れをとってしまった。

 

前に行く競馬をするにしても差す競馬をするにしても、自分のペースで直線まで行けた方がいい印象はある。

 

12着 ルミナスウォリアー 牡9

川島騎手 57.0kg

 後方のポジション。

ペースが上がった所でついていけなくなった。

 

まとめ 

 上位3頭がG1馬で、格の違いが出た1戦だったのかなと思います。

ラッキーライラックは残念でしたが、秋に巻き返してくれることを期待しています。

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。