競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年9月12,13日 芝レース馬場傾向分析 と 次走注目馬

この記事では、2020年9月12,13日の

  • 中山競馬場(9/12 紫苑S、9/13 京成杯AH)
  • 中京競馬場(9/13 セントウルS)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

中山競馬場・芝コース(Bコース

  • クッション値:10.8  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 11.6、4コーナー 10.2(良)
※共に金曜朝の時点

 

開催1週目(開幕週)、Bコース1週目。内柵がAコース時から3m外に移動している。

野芝のみ

 

土曜日(9月12日) 紫苑S

  • クッション値:11.2(+0.4)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 9.6(-2.0)、4コーナー 10.3(+0.1)  
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

断続的に雨が降り、3Rが良馬場、5R以降が稍重馬場で行われた。

時計は標準~かかり気味。この時期の中山競馬場は時計が速い印象があるが、おそらく良馬場になってもそうはならなそう。差しも十分に利くが、持久力が必要

 

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・直線短いため)

  

 

(メモ)

3R 2歳未 1200外 1:09.8

ハイペース(33.9-35.9 -2.0) 上がり 35.9(11.5-11.8-12.6

逃--好差--先   隊列縦長で直線

5R 2歳新馬 2000内 稍重 2:06.0

スローペース(65.4-60.6 +4.8) 上がり 36.1(11.6-12.3-12.2

逃-先-好差-(内)-(内)   残4Fからペースアップ

 

7R 1勝 1800内 稍重 1:48.2

ミドルペース(5F 60.1 ±0) 上がり 36.2(12.1-12.0-12.1

4角押上--(内)-逃-好差   2角でペースが上がる

9R 2歳1勝 1600外 稍重 1:37.1

ミドルペース(36.1/48.5-48.6/36.1 -0.1) 上がり 36.1(12.1-12.2-11.8)

-(内)-好差-逃-先   中盤緩む 一団で直線

 

10R 3勝 1200外 稍重 1:08.5

ハイペース(33.7-34.8 -1.1) 上がり 34.8(11.3-11.6-11.9)

先-好差-先-(内)-逃   

11R 牝3歳G3 2000内 稍重 2:02.1

スローペース(61.8-60.3 +1.5) 上がり 35.9(11.8-12.0-12.1

先-4角押上-好差(内)--(内)   残4Fから流れた 一団で直線

 

日曜日(9月13日) 京成杯AH

  • クッション値:10.1(-1.1)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 10.4(+0.8)、4コーナー 11.5(+1.2)  
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は標準~かかり気味。差しも十分に利くが、持久力が必要

 

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・直線短いため)

  

 

(メモ)

2R 2歳未 2000内 2:03.7

スローペース(62.6-61.1 +1.5) 上がり 36.5(12.3-12.1-12.1

(内)-先-先-先-逃   残5Fから流れた 先団固まって直線

5R 2歳新馬 1600外 1:37.7

スローペース(35.8/49.0-48.7/35.7 +0.3) 上がり 35.7(12.1-12.0-11.6)

好差-先-逃-好差-先   中盤ガクッとペースが緩む

 

7R 1勝 1600外 1:35.0

ハイペース(35.0/46.8-48.2/36.1 -1.4) 上がり 36.1(11.8-11.9-12.4

(内)-好差(内)-先--逃   前2頭が後続を少し離す展開,3番手以下はミドルペース 隊列はそのままで直線へ

9R 2勝 1800内 1:49.6

スローペース(5F 62.2 +1.3) 上がり 35.5(11.6-11.7-12.2

好差(内)-(内)-逃--先   残5Fから流れた

 

11R G3 1600外 ハンデ 1:33.9

ミドル~ハイペース(35.0/46.7-47.2/35.6 -0.5) 上がり 35.6(11.7-11.7-12.2

先-逃-先-好差(内)-好差(内)   

12R 2勝 1200外 1:09.3

ハイペース(33.8-35.5 -1.7) 上がり 35.5(11.4-11.9-12.2

逃--先--3,4角押上   

 

 

中京競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:9.9(標準)
  • 含水率:ゴール前 13.3、4コーナー 11.6(良)
※共に金曜朝の時点

 

開催1週目(開幕週)、Aコース1週目。

野芝のみ

 

土曜日(9月12日)

  • クッション値:9.6(-0.3)  標準
  • 含水率:ゴール前 15.0(+1.7)、4コーナー 13.1(+1.5)  稍重
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

4Rまでが稍重馬場、5R以降が良馬場で行われた。

時計は標準的(~やや速い)。2勝クラスまでが行われ、開幕週でも差しは十分に利く。

 

直線、内2,3頭分が若干伸びづらいのかなと思うレースもあったので、明日もその傾向があるのかよく観察したい。

 

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

 

 

(メモ)

1R 牝2歳未 1400 稍重 1:21.8

ハイペース(34.3-11.6-35.9 -1.6) 上がり 35.9(11.8-11.8-12.3

-好差 3,4角押上-先-(内)-好差(内)   一団で直線

3R 2歳未 2000 稍重 2:02.6

スローペース(62.9-59.7 +3.2) 上がり 35.2(11.5-11.4-12.3

先-好差(内)-逃-好差-(内)   3角から流れた

 

4R 牝2歳新馬 1600 稍重 1:35.5

スローペース(36.5/48.6-46.9/34.9 +1.7) 上がり 34.9(11.8-11.5-11.6)

-(内)-(内)--   

5R 2歳新馬 1400 1:21.5(レコードタイ

ミドルペース(34.4-12.1-35.0 -0.6) 上がり 35.0(11.9-11.3-11.8)

逃---(内)-好差--先   3,4角緩む

 

8R 2勝 2000 ハンデ 2:01.0

スローペース(63.3-57.7 +5.6) 上がり 34.5(11.3-11.1-12.1

逃-先-好差-先-   出走7頭 残5Fからグッとペースアップ

12R 1勝 1600 1:34.6

スローペース(35.6/47.8-46.8/35.0 +1.0) 上がり 35.0(11.6-11.4-12.0

(内)-先-先-先-好差(内)   3角緩む

 

日曜日(9月13日) セントウルS

  • クッション値:10.0(+0.4)  標準
  • 含水率:ゴール前 12.4(-2.6)、4コーナー 13.0(-0.1)  
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

午前中、雨が降ったが、全レース良馬場で行われた。 

時計は標準~やや速い。差しも利く馬場だが、クラスが上がるにつれて前が止まりづらくなるか。

 

土曜日に続き、直線の内2,3頭分が若干伸びづらいのかなと感じるレースもあった。悪くはないが、避けた方がベターか。

 

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

 

 

(メモ)

3R 2歳未 1600 1:36.2

ミドルペース(35.9/48.4-47.8/35.6 +0.6) 上がり 35.6(11.9-11.7-12.0

-好差-逃-先-好差(内)   3,4角緩む

5R 2歳新馬 2000 2:03.6

スローペース(62.4-61.2 +1.2) 上がり 35.9(12.1-11.6-12.2

4角マクリ-先-好差-好差(内)-   

 

7R 1勝 2000 2:02.6

スローペース(63.3-59.3 +4.0) 上がり 34.8(11.6-11.4-11.8)

先--好差-好差-(内)   ほぼ一団で直線

9R 2勝 1400 1:20.8

ミドルペース(34.8-11.3-34.7 +0.1) 上がり 34.7(11.4-11.3-12.0

好差-先-(内)-先-先   

 

10R 3勝 2200 ハンデ 2:15.7

スローペース(5F 63.3 +1.6) 上がり 34.6(11.9-11.1-11.6)

好差-先-逃-(内)-   

11R G2 1200 1:07.9

ハイペース(33.0-34.9 -1.9) 上がり 34.9(11.4-11.6-11.9)

好差--好差--先   縦長で直線

 

 

次走注目馬

土曜日(9月5日)

  • 中山7R 1勝クラス 1着 トラストワージー

 中団のポジション。 3,4コーナーで外からポジションを押し上げ、その勢いのまま突き放し後続を寄せ付けなかった。

 

 3歳馬の斤量や展開が向いた事はあるが、自ら動き0.4秒差をつける強い内容。2勝クラスも十分勝てる力がある

 

  • 中山10R 3勝クラス 1着 ケープコッド

 上位2頭が3着に0.5秒差つけたレース。

 促して前のポジション。直線でもギアを上げ、上がり3Fのタイム2位を記録。先行して直線でもう一度ギアを上げられるのは強み

 

 3歳馬の斤量はあったが、3勝クラスを勝てたのは能力がある証。馬体重が20kg増え、成長していた。今後どこまで上に行けるか楽しみ。

 

 

来週に向けて

 中山は、差しも十分に利くが、持久力が必要な馬場。時計も速くない。

 

 中京は、差しも利く馬場だが、クラスが上がるにつれて前が止まりづらくなるか。

直線の内2,3頭分が若干伸びづらいのかなと感じるレースもあった。悪くはないが、避けた方がベターか。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

   

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。