競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年9月19,20,21日 芝レース馬場傾向分析 と 次走注目馬

この記事では、2020年9月19,20,21日の

  • 中山競馬場(9/21 セントライト記念)
  • 中京競馬場(9/20 ローズS)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

中山競馬場・芝コース(Bコース

  • クッション値:10.3(+0.2) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 12.9(+2.5)、4コーナー 12.1(+0.6)(良)
※共に金曜朝の時点 ※増減の数値は先週日曜比

 

開催2週目、Bコース2週目。内柵がAコース時から3m外に移動している。

野芝のみ

 

土曜日(9月19日)

  • クッション値:10.6(+0.3) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 11.5(-1.4)、4コーナー 11.0(-1.1) (良)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

全レース良馬場で行われた。

時計は標準~かかり気味。差しも利くが、持久力が必要な馬場。ペースにもよるが、道中はなるべくジッとしていた方が良い。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・直線短くペース次第)

  

 

(メモ)

3R 2歳未 1200外 1:10.4

ハイペース(33.8-36.6 -2.8) 上がり 36.6(11.6-12.4-12.6

--逃-好差-   先団固まって直線

4R 2歳未 1600外 1:35.8

ハイペース(35.6/47.4-48.4/36.6 -1.0) 上がり 36.6(11.7-12.4-12.5

好差(内)-逃-(内)--先   縦長で直線

 

5R 2歳新馬 1800内 1:52.5

スローペース(5F 65.1 +2.6) 上がり 35.3(11.6-11.9-11.8)

-好差(内)-(内)-3,4角マクリ-好差   残5Fから流れた

9R 1勝 2000内 2:01.9

スローペース(61.6-60.3 +1.3) 上がり 36.5(11.7-12.2-12.6

向正面押上-先-好位(内)-逃-3,4角押上   残4Fからペースアップ

 

11R 3勝 1800内 ハンデ 1:48.3

スローペース(5F 61.0 +0.8) 上がり 35.6(11.5-12.1-12.0

好差-好差---   残5Fからペースアップ

 

日曜日(9月20日)

  • クッション値:10.5(-0.1) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 9.0(-2.5)、4コーナー 11.4(+0.4) (良)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は標準~かかり気味。差しも利くが、持久力が必要な馬場。ペースにもよるが、道中はなるべくジッとしていた方が良い。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・直線短くペース次第)

  

 

(メモ)

2R 2歳未 1800内 1:50.3

スローペース(5F 62.3 +1.0) 上がり 36.3(11.4-12.2-12.7

好差-逃--好差-(内)    残4Fからペースアップ かなり縦長で直線

4R 2歳新馬 1200外 1:10.8

ハイペース(34.7-36.1 -1.4) 上がり 36.1(11.7-12.1-12.3

好差-先-好差--    差し勢はバラけて直線

 

5R 牝2歳新馬 1600外 1:36.7

ミドルペース(36.7/48.7-48.0/36.1 +0.7) 上がり 36.1(11.7-12.4-12.0

先-先-(内)-好差-先    

7R 1勝 2500内 2:35.7

スローペース 上がり 36.9(12.0-12.5-12.4

好差--向正面押上-逃-先    1周目直線で緩み,残5Fからペースアップ

 

10R 牝2勝 1600外 1:34.6

ハイペース(35.3/46.6-48.0/36.6 -1.4) 上がり 36.6(11.8-12.4-12.4

先--好差-(内)-(内)   

12R 1勝 1200 1:09.6

ハイペース(34.1-35.5 -1.4) 上がり 35.5(11.5-11.8-12.2

-逃-(内)-先-    

 

月曜日(9月21日) セントライト記念

  • クッション値:9.7(-0.8) (標準)
  • 含水率:ゴール前 11.4(+2.4)、4コーナー 10.8(-0.6) (良)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

 夜のうちに雨が降った。

 

全レース良馬場で行われた。

時計はかかり気味。差しも利くが、持久力が必要な馬場。ペースにもよるが、道中はなるべくジッとしていた方が良い。追込馬があまり来ていなかったのを見ると差しが利きづらい馬場なのかもしれない。

 

3,4コーナー内側の馬場が傷んできて、内を空けて走っているレースもあったので来週以降通ったら伸びなくなるかもしれないので注視したい。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・直線短くペース次第)

  

 

(メモ)

3R 牝2歳未 1600外 1:35.6

ハイペース(35.2/47.2-48.4/36.6 -1.2) 上がり 36.6(11.7-12.3-12.6

3角押上-逃----先-先   先行勢と差し勢離れて直線

4R 2歳未 2000内 2:04.5

スローペース(64.3-60.2 +4.1) 上がり 35.7(11.8-11.8-12.1

向正面押上-先-逃--(内)   

 

5R 2歳新馬 1600外 1:37.9

スローペース(37.9/50.4-47.5/35.3 +2.9) 上がり 35.3(11.5-12.1-11.7)

先-好差-逃-好差(内)-   

7R 牝1勝 1800内 1:48.9

ミドルペース(5F 60.2 -0.3) 上がり 36.5(12.2-12.2-12.1

好差-好差---先   ほぼ一団で直線

 

10R 2勝 2000内 2:02.4

ミドルペース(60.8-61.6 -0.8) 上がり 37.7(11.8-12.6-13.3)

好差--好差-向正面押上-逃   先頭が離して逃げる展開 残4Fからグッとペースが上がる 前2頭が後続を離し直線

11R 3歳G2 2200外 2:15.0

スローペース(5F 62.6 +1.2) 上がり 37.0(11.9-12.4-12.7

逃-4角マクリ-先-好差(内)-   残6Fからペースアップ

 

 

中京競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:10.6(+0.7)(やや硬め
  • 含水率:ゴール前 10.7(-2.6)、4コーナー 12.7(+1.1)(良)
※共に金曜朝の時点

 

開催2週目、Aコース2週目。

野芝のみ

 

土曜日(9月19日)

  • クッション値:10.6(±0) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 13.4(+2.7)、4コーナー 12.0(-0.7) (良)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。速い時計が出る馬場状態だが、ペースが流れれば差しも利く。

 

直線の内2,3頭分が伸びづらい感じがあるが、問題ないレースもあったし判断はつきづらかった。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

 

 

レース後に散水。

 

 

(メモ)

3R 2歳未 1600 1:33.1(レコードタイム

ハイペース(34.0/45.3-47.8/35.9 -2.5) 上がり 35.9(11.8-11.7-12.4

先-好差-先-先-   3,4角やや緩む

5R 2歳新馬 1200 1:09.9

スローペース(35.4-34.5 +0.9) 上がり 34.5(11.5-11.2-11.8)

先-好差-好差-逃-好差(内)   

 

6R 牝1勝 2000 2:00.7

スローペース(61.8-58.9 +2.9) 上がり 34.3(11.6-11.1-11.6)

先-先-先-好差-逃   

9R 2歳OP 1600 1:35.4

スローペース(36.5/48.8-46.6/34.1 +2.2) 上がり 34.1(11.6-10.9-11.6)

逃-好差-先-好差-好差   出走5頭

 

11R OP 2000 ハンデ 1:58.7

ミドルペース(59.6-59.1 +0.5) 上がり 36.3(12.0-12.0-12.3

好差----   序盤スロー,5F目から急激にペースアップ

 

日曜日(9月20日) ローズS

  • クッション値:10.6(±0) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 12.8(-0.6)、4コーナー11.7 (-0.3)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

午前中、弱い雨が降った。

 

全レース良馬場で行われた。

時計は速いと言っていいかもしれない。ペースに関わらず、先行馬と外から伸びてきた差し・追込馬の組み合わせが多い印象はあった。内から伸びてくる馬もいたり、外が伸びたり不思議な馬場。正直よくわからない。

 

降雨の影響か、3,4コーナーの内側の馬場が少し掘れるようになった。馬場は乾いているので砂埃程度。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行(やや有利・速い時計が出るため)

不利な脚質(ポジション):なし

 

  

レース後に散水。

 

 

(メモ)

3R 2歳未 1200 1:10.0

ミドルペース(34.9-35.1 -0.2) 上がり 35.1(11.6-11.3-12.2

先-好差-(内)-逃-先   ほぼ一団で直線

5R 2歳新馬 2000 2:02.6

スローペース(62.6-60.0 +2.6) 上がり 34.4(11.8-11.1-11.5)

先-好差-先---好差-先   

 

7R 1勝 1600 1:33.5

ミドルペース(35.0/46.8-46.7/35.1 +0.1) 上がり 35.1(11.6-11.4-12.1

先-逃---   

9R 2勝 2200 2:11.9

スロー~ミドルペース(5F 60.7 +0.7) 上がり 34.6(11.6-11.0-12.0

先-先-好差----好差   序盤速い

 

10R 3勝 1600 1:32.8

ミドルペース(34.2/46.0-46.8/35.0 -0.8) 上がり 35.0(11.7-11.4-11.9)

先-(内)-好差--   3,4角やや緩む ほぼ一団で直線

11R 牝3歳G2 2000 1:59.9

スローペース(60.9-59.0 +1.9) 上がり 34.5(11.6-11.3-11.6)

先--3,4角内押上--   

 

月曜日(9月21日)

  • クッション値:10.3(-0.3) (やや硬め
  • 含水率:ゴール前 13.6(+0.8)、4コーナー 12.7(+1.0) (良)
※共に当日朝、レース前の時点 ※増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

2勝クラスまでが行われ、時計はやや速い。上のクラスならもっと速い時計が出るだろう。差しも利くが、日曜日より利きづらくなった。

 

 直線の内側の馬場が悪いのかなと思うこともほぼなく、内から伸びている馬も多かった。日曜日は午前中雨が降ったので、その影響で少し傷んだ内側が伸びなくなったのかもしれない。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行(時計が速いため)

不利な脚質(ポジション):追込(時計が速いため)

 

 

(メモ)

3R 2歳未 2000 2:01.2(レコードタイム

スローペース(61.4-59.8 +1.6) 上がり 35.4(11.8-11.6-12.0

好差-先----先-好差   横に広がり直線

5R 2歳新馬 1600 1:34.4

ハイペース(35.0/46.7-47.7/35.6 -1.0) 上がり 35.6(12.3-11.5-11.8)

先---4角押上-好差-好差(内)-   3,4角緩む

 

9R 1勝 2200 2:13.3

スローペース(5F 62.2 +1.6) 上がり 34.5(11.4-11.3-11.8)

先-先--好差(内)-(内)   残4Fからペースアップ

10R 2勝 1600 1:33.3

ミドルペース(35.4/46.9-46.4/34.9 +0.5) 上がり 34.9(11.4-11.4-12.1

好差-向正面押上(内)-(内)-逃-先   3角から速い流れ

 

12R 1勝 1200 1:08.7

スローペース(34.5-34.2 +0.3) 上がり 34.2(11.5-11.0-11.7)

先-4角押上-好差(内)-逃-   ほぼ一団で直線

 

 

次走注目馬

土曜日(9月19日)

  • 中京3R 2歳未勝利 1着 レッドベルオーブ

 ペースが速くてもかかり気味だったが、1頭だけバテずに2着に0.6秒差つけた。

直線で内にもたれていたし、伸びしろもまだまだありそう。能力を秘めていそうで次走以降のパフォーマンスに注目したい。

 

月曜日(9月21日)

  • 中山1R 2歳未勝利 1着 グローリアスカペラ

 ペースが遅くない中でポジションを上げ、最後までバテることなく走った。

時計がかかる馬場で途中で脚を使ってもバテないのは持久力がある証拠。速い時計や速い脚が必要な展開になった時にどうかだが、持久力はいいものがありそうだと感じた。

  

来週に向けて

 中山は、時計がかかり気味。差しも利くが、持久力が必要な馬場。ペースにもよるが、道中はなるべくジッとしていた方が良い。

 

 3,4コーナー内側の馬場が傷んできて、内を空けて走っているレースもあったので来週以降通ったら伸びなくなるかもしれないので注視したい。

 

 

 中京は、時計が速い。先行有利な感じだが、雨が降ると内が悪くなる可能性がある。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています

fevreee.com

 

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。