競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

ローズS 2020 回顧 リアアメリア完勝!打倒デアリングタクト

 ローズSが2020年9月20日に行われ、3番人気のリアアメリアが優勝しました。 

このレースの出走馬から2冠馬デアリングタクトを脅かす馬はいるんでしょうか。 その点についても考えていきたいです。

 

この記事は、ローズSの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

何かヒントになることがあれば幸いです(^^)

 

 

G2 ローズSを振り返る

中京競馬場 Aコース 2000m 3歳牝馬 斤量:全馬同じ

レース展開

【馬場】良

【勝ち時計】1:59.9

【ペース】スロー  上がり3F 34.5(11.6-11.3-11.6)

 スローペースにも関わらず、差し・追込馬が上位に来た。不思議に思ったが、午前中の雨と距離適性がない馬がいたからそうなったのかもしれない。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 リアアメリア

川田騎手

 ゲート内での落ち着きない。少し促して前へ。力みそうだったが折り合った。

 直線に入る所で動き早々に先頭に立つと気を抜きかけたが、鞭に反応して突き放し2馬身差つける完勝。

 

 ペースには恵まれたが、能力が高い馬なのでこれぐらいのパフォーマンスを見せても驚かない。走る方に気持ちが向いていれば能力は発揮できるのだろう。

 

2着 ムジカ

秋山真騎手

 中団のポジション。

 直線、坂を上り切ると良い伸びを見せた。

 

 7枠から馬群の内に入れられたことが良かった。距離ロスをなくせたことが最後の伸びにつながった。

 

3着 オーマイダーリン

和田竜騎手

 出遅れ、後方のポジション

 道中で内柵沿いをじわじわとポジションを上げ、4コーナーでは好位のポジションにいた。

 直線、最後まで伸びていた。

 

 スローペース・内柵沿いを距離ロスなく走れたことはあったにしろ、道中でポジションを上げて最後までバテなかったのは評価できる。

 

4着 デゼル

武豊騎手

 よろけてスタート、出遅れ。中団後方のポジション。

序盤掛かりそうだったが収まった。4コーナーで外を回して勢いをつけて直線へ。

 直線、良い脚で伸びた。スローペースで先行有利の流れを良く追い込んだと思う。

 

5着 クラヴァシュドール

M.デムーロ騎手

 中団前方のポジション。

 直線、伸びてきたが最後脚が鈍った。

 

 伸びきれなかったのは休み明けの分か。 オークスの大敗の影響はなさそう。

 

6着 リリーピュアハート

福永騎手

 ゲート内での落ち着きが少しない。中団のポジション。

 直線、ゴール直前でギアが上がった感じでなかなか加速できなかった。

 

 休み明けの影響もあったか。

 

7着 アカイイト

藤岡佑騎手

 出遅れ後方のポジション。折り合いに専念し、脚を溜める競馬。内柵沿いをピッタリ回り距離ロスをなくしていた。

 直線、伸びていたがこのクラスで戦うにはもう一伸びが欲しい所。

 

8着 フィオリキアリ

北村友騎手

 ゲート内での落ち着きない。中団のポジション。

 直線、進路を確保するのに時間がかかった。進路を見つけると良い脚を使ったのでもったいなかった。

 

9着 ラインオブダンス

坂井騎手

 中団後方のポジション。

 直線、じわじわと差を詰めた。

 

 フットワークが大きく瞬間的な脚は速くなさそうなので、もう少し上がりが掛かる展開の方が良いか。

 

10着 シャレード

戸崎騎手

 中団のポジション。道中力むシーンがあった

 直線、伸びてはいるが上位との差は詰められなかった。

 

11着 フアナ

ルメール騎手

 ゲート内での落ち着きが少しない。促したがダッシュがつかず後方のポジション。

 追走に余裕がない感じだった

 直線、一瞬伸びかけたが、坂を上り切った辺りで脚が鈍った。

 

12着 アブレイズ

藤井騎手

 出負け。ダッシュ良く前へ。

 直線一伸びできず、坂を上ると失速してしまった。

 

18着 ウーマンズハート

藤岡康騎手

 好位のポジション。

 折り合ってはいたが、力んでいた。前向きさがあったのに、4コーナーでペースが上がり馬群が密集すると早々に失速してしまった。

 

 敗因は距離?精神的なもの?

 

 

まとめ 

 1か月前に1勝クラスを2着だったムジカが2着に入った。スローペースだったし正直レースレベルは高かったとは思えず、春のクラシックを賑わせた馬たちが休み明けの影響か能力全開という訳にはいかなかったように思う。

 

  • 1着 リアアメリア
  • 4着 デゼル
  • 8着 フィオリキアリ

は、内容は良かったと思うので秋華賞に出走するなら注目したい。

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。