競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年10月17,18日 芝レース馬場傾向分析 菊花賞に向けて

この記事では、2020年10月17,18日の

  • 東京競馬場(10/17 府中牝馬S)
  • 京都競馬場(10/18 秋華賞)
  • 新潟競馬場

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

東京競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:8.9(+1.1)  標準
  • 含水率:ゴール前 13.3(-6.4)、4コーナー 14.6(-4.4)  
※1 共に金曜朝の時点  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催2週目、Aコース2週目。

 

土曜日(10月17日) 府中牝馬S

  • クッション値:8.9(±0)  標準
  • 含水率:ゴール前 14.3(+1.0)、4コーナー 14.2(-0.4)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 1日雨が降り続き、3Rまでが稍重馬場5R以降が重馬場で行われた。

最終的には時計がかかる馬場状態になった。雨で重くなった馬場の影響で持久力が必要な馬場で差しも利く。道中はできるだけスタミナの消耗を少なくしたい。

 

 だんだんと馬場が緩くなり、4角が少し掘れ、3角・直線が掘れるようになった。馬場の内側を通っても全くダメという訳ではないが、内を避けて走った方がベターな印象を受けた。 

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

 

 

(メモ)

2R 牝2歳未 1600 稍重 1:35.9

ミドルペース(35.5/48.1-47.8/35.3 +0.3) 上がり 35.3(11.6-11.5-12.2

-先-(内)-逃-先   3,4角緩む

3R 2歳未 1800 稍重 1:50.0

スローペース(5F 61.7 +0.6) 上がり 35.2(11.7-11.3-12.2

好差(内)--先-(内)-逃   

 

5R 2歳新馬 1600 重 1:39.2

スローペース(38.1/51.6-47.6/34.3 +4.0) 上がり 34.3(11.5-11.3-11.5)

先-先-3,4角押上--先   

8R 2勝 2400m 重 2:29.0

スローペース(5F 63.2 +1.1) 上がり 36.2(11.8-12.0-12.4

好差-好差 4角押上-好差(内)--先   残6Fからペースが上がったが4角で緩んだ 一団で直線

 

10R 3勝 1400 重 1:23.1

ハイペース(35.1-11.9-36.1 -1.0) 上がり 36.111.2-12.0-12.9

-好差-先--   

11R 牝G2 1800 重 1:48.5

ハイペース(5F 59.6 -0.7) 上がり 36.2(11.8-11.9-12.5

好差--(内)-逃-先   序盤先頭が1秒程離す展開 3,4角緩む 2番手はミドル,3番手以下はスロー

 

日曜日(10月18日)

  • クッション値:8.2(-0.7)  標準
  • 含水率:ゴール前 18.5(+4.2)、4コーナー 18.2(+4.0)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 4Rまでが重馬場5R以降が稍重馬場で行われた。

最終的には、時計は標準~かかり気味になった。ペースが流れれば持久力が必要な馬場。差しも利く。

 

 だんだんと馬場が乾き、3コーナーと直線が少し掘れる程度まで回復した。 

 直線内を避けて走っていた影響で馬場の傷みが進み、掘れる箇所ができた。そこより内か外のどちらかが伸びる箇所。 

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

  

 

(メモ)

1R 2歳未 1400 重 1:23.1

スローペース(35.7-12.4-35.0 +0.7) 上がり 35.0(11.4-11.5-12.1

先------3角押上-逃-好差   一団で直線

2R 2歳未 2000 重 2:02.6

ハイペース(60.5-62.1 -1.6) 上がり 36.6(11.6-12.3-12.7

-好差-先-先-逃   3,4角緩む

 

4R 牝2歳新馬 1400 重 1:23.6

スローペース(36.8-12.1-34.7 +2.1) 上がり 34.7(11.3-11.6-11.8)

好差-逃-先-(内)-先   先団一団で直線

5R 2歳新馬 1800 稍重 1:52.4

スローペース(5F 65.4 +3.0) 上がり 34.1(11.7-11.2-11.2

先-好差-逃-好差---   

 

7R 1勝 2400 稍重 2:27.5

ミドルペース(5F 60.9 -0.6) 上がり 36.0(11.7-11.9-12.4

逃-先-(内)-好差(内)-先   前3頭が後続をやや離す展開 4番手は5F を62.3ぐらい(スロー)で通過 向正面でペースが落ちる 直線入口でリードがなくなる

11R OP 2000 稍重 1:59.5

ハイペース(59.1-60.4 -1.3) 上がり 35.7(11.6-11.5-12.6

先-逃---(内)-好差-好差   2つの集団に分かれ,2秒離れた 3角でペースが落ち着く 直線入口でリードなくなる

 

12R 2勝 1600 ハンデ 稍重 1:34.6

ハイ ペース(34.2/46.6-48.0/35.4 -1.4) 上がり 35.4(11.6-11.9-11.9)

好差----先   前2頭が飛ばす展開,3番手は3Fを35.2ぐらい(ミドル)で通過 3,4角緩む

 

 

京都競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:8.9(-0.5)  標準
  • 含水率:ゴール前 10.6(-1.9)、4コーナー 10.0(-2.9)  
※1 共に金曜朝の時点  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催2週目、Aコース2週目。

 

土曜日(10月17日)

  • クッション値:8.0(-0.9)  やや軟らかめ
  • 含水率:ゴール前 11.7(+1.1)、4コーナー 10.8(+0.8)  稍重
  • ※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 夜中から雨が降り続き、3Rまでが稍重馬場5R以降が重馬場で行われた。

2勝クラスまでが行われ、時計がかかる馬場状態持久力が必要な馬場で、差しも利く。

 

 馬場が悪化するにつれ、コース全体的に馬場の内側を避ける傾向にあった。直線も馬場の綺麗な外が伸びる馬場

 内回りは、 向正面・直線が少し掘れ、3・4角が掘れる。外回りは、全体的に少し掘れる。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・ペース次第)

 

  

(メモ)

2R 牝2歳未 1600内 稍重 1:37.1

ハイペース(34.9/47.6-49.5/37.2 -1.9) 上がり 37.2(12.4-12.2-12.6

好差 4角押上-好差(内)-好差(内)-先-   3角でペース落ちる

3R 2歳未 2000内 稍重 2:03.9

ハイペース(60.5-63.4 -2.9) 上がり 37.5(12.9-12.1-12.5

3,4角押上-先---先-好差(内)---   3角でペース落ちる

 

5R 2歳新馬 1800外 重 1:51.3

スローペース(5F 63.6 +1.8) 上がり 35.6(12.0-11.6-12.0

好差-先---先-先-逃   残4Fからペースが流れた 縦長で直線

8R 牝2勝 1800外 重 1:49.2

スローペース(5F 61.4 +0.7) 上がり 35.6(12.4-11.3-11.9)

-好差-好差---好差(内)-先   横に広がり直線

 

9R 2歳1勝 2000内 重 2:04.6

スローペース(64.3-60.3 +4.0) 上がり 35.2(12.0-11.3-11.9)

先-先---先---好差-逃   残4Fからペースが流れた ほぼ一団で直線 出走5頭

10R  2勝 1800外 重 1:49.7

スローペース(5F 61.9 +1.0) 上がり 35.2(11.9-11.3-12.0

好差--(内)-先-   

 

12R 2勝 1400外 重 1:23.5

ミドルペース(35.7-11.9-35.9 -0.2) 上がり 35.9(11.7-12.2-12.0

-好差-(内)--先   

 

日曜日(10月18日) 秋華賞

  • クッション値:8.2(+0.2)  標準
  • 含水率:ゴール前 13.1(+1.4)、4コーナー 11.8(+1.0)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 4Rまでが重馬場5R以降が稍重馬場で行われた。

時計は最終的にはかかり気味~標準になった。昨日より時計はかからなくなったが、持久力が必要な馬場は継続。差しも利く。

 

 内側の馬場を通っても伸びてくる馬もいたが、ペースが速くなったりすると外を通った馬が優勢な感じだった。

 

 馬場の傷み具合について。内回り・外回りともにだんだんと馬場が乾いていった。

内回りは、前半のレースでは全体的に掘れる馬場だったが、秋華賞までには3,4角が掘れ、それ以外の箇所はほとんど掘れなくなった。

外回りは、全体的に少し掘れる傾向が続いた。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):なし

  

 

(メモ)

1R 2歳未 1200内 重 1:11.1

ハイペース(34.9-36.2 -1.3) 上がり 36.2(11.8-11.8-12.6

好差(内)-先-先-(内)-好差   

2R 2歳未 1800外 重 1:49.6

スローペース(5F 61.3 +0.4) 上がり 35.9(12.0-12.0-11.9)

好差4角押上(内)---好差-好差---好差-先   中盤緩む 横に広がり直線

 

4R 2歳新馬 1400内 重 1:23.5

ハイペース(35.3-11.9-36.3 -1.0) 上がり 36.3(11.9-12.0-12.4

-逃---先--好差   

5R 2歳新馬 2000内 稍重 2:05.8

スローペース(64.6-61.2 +3.4) 上がり 35.6(12.0-11.7-11.9)

-先-4角マクリ---好差---(内)   向正面動く馬,4角マクリ

 

7R 1勝 2000内 稍重 2:01.4

ハイペース(59.7-61.7 -2.0) 上がり 36.8(12.2-12.4-12.2

好差(内)--好差---逃-好差   向正面でややペースが落ちる

9R 2歳OP 1400外 稍重 1:22.8

ハイ~ミドルペース(35.2-11.7-35.9 -0.7) 上がり 35.9(11.6-11.9-12.4

好差-逃-好差------好差(内)   前2頭が後続を少し離す展開,3番手以下はスロー~ミドル

 

10R 3勝 1800外 ハンデ 稍重 1:46.3

ミドルペース(5F 59.6 +0.5) 上がり 35.0(11.6-11.4-12.0

逃-3,4角押上----先-好差   

11R 牝3歳G1 2000内 稍重 2:00.6

ハイペース(59.4-61.2 -1.8) 上がり 36.412.4-11.9-12.1

向正面押上--4角押上-4角押上---   向正面でペースが落ち着く 横に広がり直線 差し・追込優勢

 

 

新潟競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:9.4(-0.3)  標準
  • 含水率:ゴール前 13.4(+1.9)、4コーナー 12.0(+0.2)  
※1 共に金曜朝の時点

 

開催2週目、Aコース2週目。

野芝のみ

 

土曜日(10月17日)

  • クッション値:9.6(+0.2)  標準
  • 含水率:ゴール前 10.9(-2.5)、4コーナー 11.7(-0.3)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は標準~やや速いある程度の持久力が必要な馬場で、差しも利く。

 

 外回りの直線は、馬場の内側でも悪くないが、外の方がベターになったように感じた。レースで使われて傷んだ?

 内回り(1レースのみ)は、向正面~3角にかけて掘れ、4角~直線にかけては少し掘れる。

外回りは、3,4角が掘れ、直線は少し掘れる。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):なし

 

  

(メモ)

5R 2歳新馬 1400内 1:23.5

ハイペース(34.9-12.3-36.3 -1.4) 上がり 36.3(12.1-12.0-12.2

4角押上-先-先--逃   3角でペースが落ちる 一団で直線

8R 牝1勝 1800外 1:47.9

スロー~ミドルペース(5F 60.6 +0.7) 上がり 35.2(11.2-11.1-12.9

先-逃-先--   

 

10R 1勝 1800外 1:47.4

スロー~ミドルペース(5F 60.3 +0.6) 上がり 35.0(11.3-11.2-12.5

好差-先-好差(内)--(内)   

11R 2勝 1000直 55.5

レースラップ(22.4-10.6-22.5 ラスト1F 12.0

逃---先-   

 

12R 1勝 1600外 1:35.4

スローペース(36.7/49.6-45.8/33.9 +3.8) 上がり 33.910.9-10.8-12.2

好差-好差--逃-   残4Fからペースが流れた

 

 

日曜日(10月18日)

  • クッション値:9.3(-0.3)  標準
  • 含水率:ゴール前 12.6(+1.7)、4コーナー 11.8(+0.1)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は標準~やや速いある程度持久力が必要な馬場で、差しも利く。

内回りは、ペースが速くならない限りはやや先行有利か。

外回りは、ペースが遅くても十分に差しが利く。

 

 内回りは、3コーナー手前~直線が少し掘れる。

外回りは、3,4コーナーが少し掘れ、向正面と直線の傷んだ内側の馬場を避ける傾向にあった。 

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行(やや有利・内回り)

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・内回り)

  

 

(メモ)

2R 2歳未 1200内 1:09.6

ハイペース(33.7-35.9 -2.2) 上がり 35.9(11.6-11.9-12.4

3,4角押上-逃--好差-   

3R 2歳未 1600外 1:35.3

スローペース(35.7/48.3-47.0/34.9 +1.3) 上がり 34.9(11.3-11.0-12.6

-先-逃-先-好差   

 

6R 1勝 2000外 見習騎手 1:59.6

ミドルペース(59.9-59.7 +0.2) 上がり 35.1(11.6-11.2-12.3

----好差--   中盤緩む

10R 1勝 1000直 55.1

レースラップ(22.2-10.7-22.2 ラスト1F 11.6)

逃--先--好差   

 

11R OP 1400内 ハンデ 1:20.9

ミドルペース(34.2-12.0-34.7 上がり 34.7(11.9-11.1-11.7)

先-逃-好差-好差-4角押上   3,4角やや緩む 一団で直線  

 

 

来週に向けて

 

 東京は、2日間とも道悪でレースが行われた。3コーナーと直線の一部が傷んでいる。

 

 京都は、2日間とも道悪でレースが行われた。馬場が悪くなるにつれ、直線は外が伸びる傾向になる。

 

 新潟は、ある程度持久力が必要な馬場で、差しも利く。

内回りは、ペースが速くならない限りはやや先行有利か。

外回りは、ペースが遅くても十分に差しが利く。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

  

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。