競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

富士S 2020 回顧 ヴァンドギャルド重賞初制覇!

富士Sが2020年10月24日に行われ、4番人気のヴァンドギャルドが優勝しました。 

 

 

この記事は、富士Sの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

何かヒントになることがあれば幸いです(^^)

 

 

G2 富士Sを振り返る

東京競馬場 Aコース 1600m 斤量:別定重量

レース展開

【馬場】良

【勝ち時計】1:33.4

【ペース】ハイ(33.8/45.4-48.0/36.0 -2.6)  上がり 36.0(11.5-12.2-12.3

 前2頭が後続を離す展開。3番手は3F 34.7ぐらい(ミドル)で通過。

前2頭はリードを保ったまま、後続は一団になって直線へ。

 午前中は稍重で、馬場は乾ききっていなかったのも影響し持久力が必要な展開になった。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 ヴァンドギャルド 牡4

福永騎手 56.0kg

 パドックでもゲート裏でもテンションが高かったが、ゲート内の落ち着きはいつもよりだいぶマシだった。中団のポジション。

 直線、長く良い脚を持続させた。

 

 今回は出遅れなかったのが大きかった。

瞬発力も持久力も併せ持っているのは強みになる。

 

2着 ラウダシオン 牡3

M.デムーロ騎手 56.0kg

 ダッシュよく前へ。序盤力みそうだったが折り合った。

直線、徐々に加速させ、他馬に迫られるとギアを上げたが最後は勝ち馬の瞬発力に屈したか。

 

 休み明けだったし、斤量も2kg多く背負っていたので古馬とも十分戦えることが証明できたと思う。

 NHKマイルは展開や馬場に恵まれた部分があったと思っていたが、今回の内容を見ると次走以降も期待できる。

 

3着 ケイアイノーテック 牡5

津村騎手 57.0kg

 後方のポジション。

直線、ジワジワ追い込んできた。内にもたれていた

 

4着 ペルシアンナイト 牡6

大野騎手 57.0kg

 出負け。中団のポジション。

直線、ジリジリ伸びた。

 

 6歳だが気持ちの衰えはなく、走る事に前向き。

大野騎手との相性も良さそうな印象を受けた。

 

5着 タイセイビジョン 牡3

石橋騎手 54.0kg

 好スタート。好位のポジション。

直線、ジリジリ伸びていたが、上半身が浮くような走りになった。

 

 休み明けの分と傷んだ内を通った分はあったか。

 

6着 モズダディー 牡5

内田騎手 56.0kg

 促して前へ。

促しながらの追走になった。

直線、粘っていたがもう一押しが利かなかった。

 

 フットワークが大きく、俊敏さが欲しい感じがした。

 

7着 レイエンダ 牡5

池添騎手 56.0kg

 中団のポジションにつけたが、前半は促したながらの追走で忙しい感じ。

直線、ジリジリ伸びた。

 

8着 ワーケア 牡3

ルメール騎手 54.0kg

 大外枠もあってか、外によろけながらスタート。出遅れ

促して中団までポジションを上げた。

直線、ジリジリ伸びたが、もう一押しが利かず。

 

 他馬を気にする面が多少なりともありそうな感じがする。

 

9着 サトノアーサー 牡6

戸崎騎手 56.0kg

 ややゲート内の落ち着きがない。出負け。後方のポジション。

直線、少しつまづきながらだがジリジリ伸びた。

 

 終始馬場の傷んだ内を通った影響はあったかもしれない。

 

10着 スマイルカナ 牝3

柴田大騎手 52.0kg

 よろけてゲートを出ながらもスタートが速く、かつダッシュよく先頭へ。

最初から力みそうな所に他馬に絡まれてかかってしまった

3,4コーナーで逆手前な感じ。

直線、余力がないながらも最後まで頑張っていた。

 

 持ち前の気持ちの強さは確認できた。

ゲート裏でテンションが上がっていた。

 

12着 シーズンズギフト 牝3

横山典騎手 52.0kg

 スタート後に他馬と接触。

かかってしまい折り合いがつかなかった

直線、余力がないのと躓いてる感じもあり失速。

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。