競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年11月21,22,23日 芝レース馬場傾向分析 ジャパンCに向け

この記事では、2020年11月21,22,23日の

  • 東京競馬場(11/23 東スポ杯2歳S)
  • 阪神競馬場(11/22 マイルCS)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

東京競馬場・芝コース(Cコース

  • クッション値:9.5(+0.1)  標準
  • 含水率:ゴール前 15.0(+1.1)、4コーナー 15.4(+1.8)  
※1 共に金曜朝の時点  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催7週目、Cコース1週目。内柵がBコース時より3m外に移動し、馬場内側の荒れた部分の面積が減った。

 

土曜日(11月21日)

  • クッション値:9.6(+0.1)  標準
  • 含水率:ゴール前 14.3(-0.7)、4コーナー 14.7(-0.7)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速いと言っていいか。ペースが速くなったり、クラスが上がればもっと速い時計が出そうな雰囲気だった。

 

 Cコースに替わり、先週見られた馬場内側の荒れた部分を避けて走る傾向はなくなった。

3,4コーナーは内柵から1,2頭分が少し掘れ、直線は内柵から4,5頭分掘れる。内を通っても大丈夫なレースもあったが、先週の傾向をふまえると直線は内の荒れた馬場は避けた方が良さそう

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

 

 

(メモ)

3R 2歳未 1800 1:47.1

ハイペース(5F 58.1 -1.4) 上がり 36.4(11.9-12.1-12.4

先-好差-(内)--先   3,4角ペース緩む

5R 牝2歳新馬 1600 1:34.5

スロー~ミドルペース(35.5/47.6-46.9/34.5 +0.7) 上がり 34.5(11.9-11.1-11.5)

---好差-好差--   3,4角ペース緩む 隊列やや縦長で直線

 

6R 2歳1勝 1400 1:21.9

ミドルペース(35.0-12.0-34.9 +0.1) 上がり 34.9(11.5-11.5-11.9)

-先---好差--   4角緩む

11R 3勝 1400 1:21.7

スローペース(35.8-11.9-34.0 +1.8) 上がり 34.0(11.3-11.0-11.7)

先----   上がり最速32.9

 

12R 1勝 1800 1:48.0

スローペース(5F 61.6 +1.6) 上がり 34.4(11.4-11.4-11.6)

好差--逃-好差(内)-先   

 

日曜日(11月22日)

  • クッション値:9.6(±0)  標準
  • 含水率:ゴール前 13.2(-0.9)、4コーナー 13.8(-0.9)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。実際に速い時計での決着はなかったが、ペースが遅いと上がりが速くなっていたことからそう判断した。

ペースが流れると持久力も必要な感じもあった。

 

 3,4コーナーは内柵から1,2頭分が少し掘れ、直線は内柵から6頭分ぐらい掘れる。

3,4コーナーの内は空けた方がベターだが、空けなくても影響は大きくないか。直線は内を通ったらダメで、真ん中あたりを通った方が伸びる。

 

(参考:昼過ぎから南からのやや強い風(直線で内からの横風)が吹いた) 

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

  

 

(メモ)

2R 牝2歳未 1600 1:34.1

ミドルペース(35.2/47.0-47.1/35.2 -0.1) 上がり 35.2(11.7-11.9-11.6)

---好差--(内)-先   

3R 2歳未 1400 1:22.1

スローペース(35.6-11.9-34.6 +1.0) 上がり 34.6(11.5-11.5-11.6)

先--逃-好差-   

 

5R 2歳新馬 2000 2:05.9

スローペース(66.3-59.6 +6.7) 上がり 33.711.5-11.1-11.1

先-好差-好差(内)-先-   

9R 牝2歳1勝 1600 1:34.5

スローペース(36.2/48.1-46.5/34.6 +1.6) 上がり 34.6(11.5-11.3-11.8)

-先-好差-好差-先   一団で直線

 

10R 2勝 2400 2:26.4

スローペース(5F 62.2 +1.2) 上がり 35.7(11.6-12.0-12.1

先-先----先-好差(内)   先頭が後続を5馬身程離す展開 残5Fから徐々にペース流れた

12R 2勝 1800 1:49.3

スローペース(5F 63.7 +3.0) 上がり 33.611.3-10.9-11.4

好差--先-先-先   

 

月曜日(11月23日) 東スポ杯2歳S

  • クッション値:9.7(+0.1)  標準
  • 含水率:ゴール前 12.6(-0.6)、4コーナー 13.2(-0.6)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。ペースが遅いレースが多く好位までの活躍が目立ったが、雨が降ったわけでもないので、昨日と傾向は変わっていないだろう。ペースが流れれば持久力は必要か。ただ、スピードや瞬発力はある程度必要な馬場。

 

 3,4コーナーは内柵から1,2頭分が少し掘れ、直線は内柵から6頭分ぐらい掘れる。

3,4コーナーの内は空けた方がベターだが、空けなくても影響は大きくないか。直線は内を通ったらダメで、真ん中あたりを通った方が伸びる。

 

 レースを1つ行う毎に砂埃が飛ぶ程度が大きくなっていったように感じた。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

 

 

(メモ)

2R 2歳未 1600 1:34.5

ミドルペース(34.8/46.8-47.7/35.0 -0.9) 上がり 35.0(12.0-11.7-11.3

-先----好差-   前2頭が後続を離し,3番手は4F 47.8秒ぐらい(スロー)で通過 3,4角緩む リードはなくなり固まって直線へ

4R 2歳未 2000 2:00.9

ミドルペース(60.4-60.5 -0.1) 上がり 35.3(12.1-11.4-11.8)

先----好差--   先頭が後続を離し,2番手は5F 61.9ぐらい(スロー)で通過 3角手前でペース落ちる 徐々にリードは縮まり直線入口では4馬身程に 先行勢と差し勢やや離れた

 

5R 2歳新馬 1800 1:50.5 

スローペース(5F 63.1 +1.7) 上がり 34.9(11.9-11.6-11.4

先-先-先--好差(内)   

6R 2歳新馬 1400 1:23.2

スローペース(36.6-11.8-34.8 +1.8) 上がり 34.8(11.3-11.6-11.9)

逃-好差---好差-先-   隊列縦長のまま直線

 

11R 2歳G3 1800 1:47.5

スローペース(5F 60.5 +0.8) 上がり 34.3(11.9-11.0-11.4

先-先-好差-好差(内)-向正面押上   先頭が後続を離し,2番手は5F 61.2ぐらいで通過

12R 2勝 1400 1:21.7

スローペース(35.6-11.9-34.2 +1.4) 上がり 34.2(11.4-11.3-11.5)

好差-好差-逃-先-好差   

 

 

阪神競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:9.0(-0.8)  標準
  • 含水率:ゴール前 11.2(+2.6)、4コーナー 11.6(+2.7)  
※1 共に金曜朝の時点  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催3週目、Aコース3週目。

 

土曜日(11月21日)

  • クッション値:9.6(+0.6)  標準
  • 含水率:ゴール前 10.5(-0.7)、4コーナー 12.1(+0.5)  
  • ※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は標準~やや速い。週中の雨の影響なのか、風の影響なのか、馬場内側が荒れてきた影響なのかは判断がつかないが、先週に比べて最後の1Fが少し掛かっている印象があった。その影響で差しが来る確率も多い感じがした。

 

(参考:弱まった時間もあったが、やや強い北からの風(直線で内からの横風)が吹いていた)

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・内回り)

 

  

(メモ)

3R 2歳未 1400内 1:21.2

ハイペース(34.5-11.3-35.4 -0.9) 上がり 35.4(11.1-11.5-12.8

逃--先--先   やや縦長で直線 若干掘れる

4R 2歳未 2000内 2:01.5

ミドルペース(60.7-60.8 -0.1) 上がり 36.0(11.7-11.9-12.4

好差 3,4角押上-(内)-4角押上-逃-好差 2角押上   5F目 11.7以外はゆったりしたペース

 

5R 2歳新馬 1600外 1:35.5

スローペース(38.0/49.9-45.6/33.7 +4.3) 上がり 33.711.1-10.8-11.8)

先-好差-好差-逃-先   3角からペース流れた やや縦長で直線 出走8頭

7R 1勝 2400外 2:28.1

スローペース(5F 64.0 +2.3) 上がり 34.4(11.1-11.1-12.2

-先-好差-好差(内)-(内)   残4Fからペースアップ 横に広がり直線 出走9頭

 

10R 牝2勝 1400内 1:21.1

ミドルペース(34.5-11.6-35.0 -0.5) 上がり 35.0(11.1-11.6-12.3

好差---先-先   

11R OP 2000内 ハンデ 1:58.8

ミドルペース(59.3-59.5 -0.2) 上がり 35.5(11.2-11.9-12.4

-好差-(内)-先-   隊列かなり縦長 3角手前で緩み,残4Fから再ペースアップ 馬群は少し凝縮し直線

 

日曜日(11月22日) マイルCS

  • クッション値:9.8(+0.2)  標準
  • 含水率:ゴール前 9.8(-0.7)、4コーナー 12.2(+0.1)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。昨日に比べ、馬場も乾いただろうし、風もなくなったのでどちらが影響したのかはわからないが、昨日より速い時計は出ていた。

 だが、先週より差しが利きやすくなっていることは感じる。それには馬場内側が荒れてきたことが影響していそう。

 

 内回りの3,4コーナーと直線内回りとの共通部分の内側の馬場が荒れてきた。3,4コーナーの方が荒れの程度は大きい。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・内回り)

  

 

(メモ)

3R 2歳未 1200内 1:09.8

ミドルペース(34.8-35.0 -0.2) 上がり 35.0(11.4-11.8-11.8)

好差(内)-先--好差-先   

4R 2歳未 1800外 1:46.8

スローペース(5F 60.5 +1.2) 上がり 34.5(11.3-11.1-12.1

先-先-好差(内)--   残4Fからペース流れた

 

5R 2歳新馬 2000内 2:05.2

スローペース(65.4-59.8 +5.6) 上がり 34.8(11.9-11.5-11.4

好差(内)-逃-先-好差-先   出走8頭

9R 2勝 1600外 1:33.6

スローペース(35.9/47.9-45.7/34.0 +2.2) 上がり 34.0(11.0-11.0-12.0

先-先-好差(内)-逃---好差   残4Fからペース流れた やや縦長で直線 出走8頭

 

10R 3勝 2400外 ハンデ 2:25.9

スローペース(5F 62.9 +2.1) 上がり 34.6(11.2-11.0-12.4

好差(内)-(内)--(内)-(内)   残5Fから徐々にペースが流れた

11R G1 1600外 1:32.0

スローペース(34.9/46.9-45.1/33.5 +1.8) 上がり 33.511.0-10.8-11.7)

好差(内)-好差-先-(内)-   

 

月曜日(11月23日)

  • クッション値:10.3(+0.5)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 9.6(-0.2)、4コーナー 11.4(-0.8)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。2勝クラスまでしか行われなかったが、ペースが遅ければ前はやや止まりづらいが、ペースが流れれば持久力が必要になる。

 

 内回りの3,4コーナーと、直線内回りとの共通部分の内側の馬場が荒れてきた。3,4コーナーの方が荒れの程度は大きく、少し掘れる。

外回りの3,4コーナーの内側も少し荒れている。

 

(参考:弱まった時間もあったが、やや強い北からの風(直線で内からの横風)が吹いていた)

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・内回り)

  

 

(メモ)

3R 牝2歳未 1800外 1:46.7

ハイペース(5F 58.7 -0.6) 上がり 36.0(11.9-11.4-12.7

3,4角押上-先-好差(内)-好差-   一団で直線

5R 2歳新馬 1200内 1:10.1

スローペース(35.6-34.5 +1.1) 上がり 34.5(11.4-11.2-11.9)

先-先-逃-先-好差(内)   先団固まって直線

 

6R 2歳未 1600外 1:35.2

スローペース(35.7/48.4-46.8/34.3 +1.6) 上がり 34.3(11.5-10.9-11.9)

先-先-逃-好差-好差(内)   

9R 2歳1勝 1400内 1:21.3

ハイペース(33.8-11.6-35.9 -2.1) 上がり 35.9(11.7-11.5-12.7

逃-好差 3,4角押上-好差(内)---好差(内)-   

 

10R 2勝 2000内 2:01.1

スローペース(61.3-59.8 +1.5) 上がり 35.4(11.6-11.6-12.2

好差 向正面押上-逃-3角押上-好差-好差(内)   前2頭が後続を1.5秒程離す展開 残4Fからペースアップ

12R 1勝 1400内 1:21.4

ハイペース(33.7-11.4-36.3 -2.6) 上がり 36.3(11.5-12.0-12.8

-好差 4角押上-(内)=好差(内)=先   

 

 

来週に向けて 

 東京は、ペースが流れれば持久力は必要か。ただ、スピードや瞬発力はある程度必要な馬場。

 今週からCコースに替わったが、馬場内側の荒れた部分は残っている。直線は内を通ったらダメで、真ん中あたりを通った方が伸びる。

 

 阪神は、馬場内側が荒れてきて、まだ速い部類だが先週より少し時計がかかるようになった。それに伴い、内・先行有利もなくなった。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。