競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

ジャパンC 2020 回顧 アーモンドアイ有終の美でG1・9勝目!

ジャパンCが2020年11月29日に行われ、1番人気のアーモンドアイが優勝しました。 

アーモンドアイがラストランを勝利で飾り、G1・9勝目で最多勝利数をさらに更新しました。3冠馬3頭が出走した類をみない歴史的な1戦をリアルタイムで見ることができたのは幸せ以外の何物でもありません。素晴らしいレースを見せてくれた関係者の皆様に感謝したいです。

 

この記事は、ジャパンCの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

何かヒントになることがあれば幸いです(^^)

 

 

G1 ジャパンCを振り返る

東京競馬場(Cコース) 2400m 斤量:定量 

レース展開

【馬場】 良

【勝ち時計】 2:23.0

【5着までの脚質(ポジション)】 好差---好差-先(内)

【ペース】 ハイペース(5F 57.9 -1.7) 上がり 37.8(12.3-13.2-12.3)

 先頭が後続を大きく離し、2番手は5F 60.3ぐらい(ミドル~スロー)で通過。

苦しくなっている馬が多かったので、タフなレースになったのだと思う。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 アーモンドアイ 5

ルメール騎手 55.0kg

 好スタート。好位のポジション。

直線徐々に追い出し、少し内にもたれながらも1馬身差以上つけて優勝。最後は差をつめられたように見えるが、早めにスパートした分だろう。

 

 課題だったスタートも完璧に決まり、力も出し切ってラストランで集大成を見せた

 

2着 コントレイル 牡3

福永騎手 55.0kg

 中団のポジション。

直線反応良く伸びてきてが、半ばで脚が鈍った。苦しくなったのか少し内にモタれていた。それでも最後までしぶとく伸び2着。

 

 アーモンドアイには完敗だったが、他の古馬勢には先着。菊花賞後のタフなローテーションでもそれができたのは凄いことだと思う。来年からはこの馬が競馬界を引っ張っていく存在になると信じている。

 

3着 デアリングタクト 3

松山騎手 53.0kg

 中団前のポジション。

4コーナーからあまり反応がよくなく、直線でもかなり内にモタれていたが、最後まで諦めず伸びてきてポテンシャルは示した。

 

 レースまでの過程は前走より落ち着いていたように見えた。

 

4着 カレンブーケドール 4

津村騎手 55.0kg

 あまりダッシュがつかず中団のポジション。

行きっぷりがいいながらも折り合いはついた。

直線反応良く伸び、アーモンドアイとの距離を詰めたが相手にも余裕があり離されてしまった。半ばぐらいで苦しくなり内にモタれて脚も鈍ったが、他馬に並ばれると持ち前の負けん気を見せてもう一頑張りした。

 

 3歳三冠馬の2頭と僅差、他のG1馬たちには先着しG1を勝つポテンシャルがあることを改めて証明した。

 

5着 グローリーヴェイズ 牡5

川田騎手 57.0kg

 促して前へ。

4コーナーで早めにスピードに乗せていく。直線半ばで鞭を入れると内に行ってしまい、馬場の荒れた部分に行ってしまったのは痛かった。その分最後は脚が鈍ったか。

 

6着 ワールドプレミア 牡4

武豊騎手 57.0kg

 あまりダッシュがつかず中団のポジション。

直線上位には離されたが、最後までしぶとく伸びてはいた。

 

 ほぼ1年ぶりのレースで大敗してもおかしくないが、良く頑張っていると思う。

 

7着 ミッキースワロー 牡6

戸崎騎手 57.0kg

 中団後方のポジション。

直線進路を確保するのに時間がかかった。一瞬良い脚を使ったが、途中で脚が鈍った。

 

8着 キセキ 牡6

浜中騎手 57.0kg

 促して前へ。ヨシオが外から先頭を狙ったことにより、走るスイッチが入りかかってしまった。騎手もそれを無理に抑えようとせず、かなりのハイペースになった。

 直線に向いたころには余力は残っておらず、後続に一気にかわされた。

 

 スタートがここ2戦安定しているのは良い傾向だが、折り合い面にはいまだに課題が残る。

 

9着 マカヒキ 牡7

三浦騎手 57.0kg

 出遅れあまりダッシュもつかず後方のポジション。

直線伸びてきてはいたが、半ばで脚が鈍った。

 

11着 パフォーマプロミス 牡8

岩田望騎手 57.0kg

 中団後方のポジション。

直線さほど伸びが見られなかった。

 

12着 ユーキャンスマイル 牡5

岩田康騎手 57.0kg

 後方のポジション。

4コーナーから手応えがよくなく、直線の走りも硬い感じがした。

 

 陣営のコメントを見ていると絶好調ではないのかなと思っていたが、ここまで走れない馬ではないので、むしろ状態が良くなかったのかもしれない。

 

13着 クレッシェンドラヴ 牡6

内田騎手 57.0kg

 好位のポジション。

行きっぷりも良く走れたが、直線では伸びがなかった。

 

 前走でも思ったが、脚を溜めた方が良さそう。今回は前走で先行した経験と調教を強化した影響はあったと思う。

 距離も長かったか。

 

14着 トーラスジェミニ 牡4

田辺騎手 57.0kg

 少し促し前へ。先頭は狙わず。

2コーナーで他馬と並んだ時にかかる感じに

直線に向いたころには余力は残っていなかった。

 

 

まとめ 

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。