競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2020年12月26,27日 芝レース馬場傾向分析 有馬記念など

この記事では、2020年12月26,27日の

  • 中山競馬場(12/26 ホープフルS、12/27 有馬記念)
  • 阪神競馬場(12/26 阪神C)

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして来週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

中山競馬場・芝コース(Aコース

  • クッション値:10.0(+0.1)  標準
  • 含水率:ゴール前 10.8(+0.5)、4コーナー 11.1(+1.0)  
※1 共に金曜朝の時  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催4週目、Aコース4週目。

 

土曜日(12月26日) ホープフルS

  • クッション値:10.5(+0.5)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 10.0(-0.8)、4コーナー 9.8(-1.3)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は掛かり持久力が必要な馬場。内柵沿いでロスなく立ち回り、スタミナを消耗しなかった馬が活躍していたように感じた。

 

 内回り3,4コーナーの内側の馬場が荒れていて少し掘れるが、避けて通らなくても大丈夫そうだった。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込

 

 

(メモ)

3R 2歳未 2000内 2:03.0

スローペース(62.0-61.0 +1.0) 上がり 37.212.6-12.1-12.5

先-----好差-先-好差-好差   残5Fからペースアップ 隊列やや縦長で直線 4角少し掘れる

5R 2歳新馬 1600外 1:36.2

ミドルペース(36.0/48.1-48.1/35.9 ±0) 上がり 35.9(12.0-11.7-12.2

逃-先-----先-好差-好差   隊列かなり縦長で直線

 

9R 1勝 2200外 2:17.6

スローペース(5F 63.8 +1.3) 上がり 36.8(12.3-12.1-12.4

好差(内)-3,4角押上-好差-先-   残5Fからペースアップ 横に広がり直線

11R 2歳G1 2000内 2:02.8

スローペース(61.9-60.9 +1.0) 上がり 36.8(12.0-12.2-12.6

好差-先-好差-先-   残6Fからペース流れた 一団で直線

 

12R 3勝 2500内 ハンデ 2:37.4

スローペース 上がり 35.4(12.1-11.4-11.9)

逃-好差(内)-先-先-好差   縦長で直線

 

日曜日(12月27日) 有馬記念

  • クッション値:9.8(-0.7)  標準
  • 含水率:ゴール前 9.6(-0.4)、4コーナー 10.1(+0.3)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計は掛かり持久力が必要な馬場。なるべく直線までジッとしてスタミナを温存した方がいい。

 

 内回り3,4コーナーの内側の馬場が荒れていて少し掘れるが、避けて通らなくても大丈夫そうだった。

 その他の箇所も掘れるようになってきた。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

  

 

(メモ)

3R 2歳未 1600外 1:36.1

ハイペース(34.4/46.0-50.1/37.7 -4.1) 上がり 37.7(12.7-12.2-12.8

-(内)-先-好差-先   3,4角緩む 隊列縦長⇒馬群凝縮して直線

5R 2歳新馬 2000内 2:06.3

スローペース(64.0-62.3 +1.7) 上がり 36.8(12.6-11.9-12.3

好差-1,2角押上---(内)   先団横に広がり直線

 

8R 2勝 2500内 ハンデ 2:35.7

スローペース 上がり 36.6(12.2-11.9-12.5

逃-----4角押上-好差-先-先   残5Fからペースアップ

11R G1 2500内 2:35.0

ミドルペース 上がり 36.6(12.1-11.9-12.6

向正面押上--1周目押上-好差-好差(内)   1角~向正面やや緩み,残5Fからペースアップ ほぼ一団で直線

 

12R 2勝 1200外 1:09.7

ハイペース(33.8-35.9 -2.1) 上がり 35.9(11.7-11.9-12.3

先-好差---(内)    隊列やや縦長で直線

 

 

阪神競馬場・芝コース(Bコース

  • クッション値:10.0(-0.2)  標準
  • 含水率:ゴール前 10.2(+0.1)、4コーナー 9.0(+0.3)  
※1 共に金曜朝の時点  ※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催8週目(最終週)、Bコース3週目。

 

土曜日(12月26日) 阪神C

  • クッション値:10.1(+0.1)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 10.8(+0.6)、4コーナー 9.9(+0.9)  
  • ※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い(~速い)。差しも利くが、クラスが上がれば前が止まりづらそう。

 

 内回りの3コーナー内側が少し掘れる。荒れている部分もあるが、避けて通らなくても大丈夫そうだった。

 

(参考:午前中、西から(直線で向かい風)のやや強い風が吹いていた)

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・特に内回り)

 

  

(メモ)

4R 2歳新馬 1800外 1:48.3

スローペース(5F 61.8 +1.6) 上がり 34.2(11.3-11.2-11.7)

-逃-好差(内)---先-   

6R 2歳1勝 1400内 1:20.7

ハイペース(33.8-11.0-35.9 -2.1) 上がり 35.9(11.4-12.0-12.5

--3,4角押上--先   前2頭が飛ばし,3番手は3F 34.4ぐらい(ハイ)で通過 出走9頭

 

7R 1勝 1600外 1:33.8

ミドルペース(35.5/47.1-46.7/35.4 +0.4) 上がり 35.4(11.5-11.8-12.1

好差---好差-(内)-先-(内)   集団2つに分かれた

8R 2勝 2200内 2:14.4

スローペース(5F 62.3 +1.2) 上がり 35.5(11.7-11.8-12.0

先-先--(内)-好差(内)   残6Fからペース流れた 一団で直線 出走9頭

 

10R 3勝 2000内 2:01.3

スローペース(63.1-58.2 +4.9) 上がり 34.4(11.0-11.3-12.1

--逃-先-好差(内)   残4Fからペースアップ

11R G2 1400内 1:19.7

ミドルペース(34.0-11.4-34.3 -0.3) 上がり 34.3(11.3-11.4-11.6)

好差(内)-先---好差   

 

日曜日(12月27日)

  • クッション値:10.2(+0.1)  やや硬め
  • 含水率:ゴール前 10.5(-0.3)、4コーナー 8.5(-1.4)  
※1 共に当日朝、レース前の時点  ※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

時計はやや速い。差しも利く。スローペースで上がりが速いレースもあった。

 

 内回りの3コーナー内側が少し掘れる。荒れている部分もあるが、避けて通らなくても大丈夫そうだった。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利・特に内回り)

  

 

(メモ)

2R 2歳未 1200内 1:09.6

ミドルペース(34.6-35.0 -0.4) 上がり 35.0(11.5-11.5-12.0

先-好差(内)-(内)-好差(内)-先   

4R 2歳未 2000内 2:01.4

スローペース(61.5-59.9 +1.6) 上がり 35.4(11.6-11.6-12.2

好差-先-先-3,4角押上-   残4Fからペースアップ

 

6R 2歳新馬 1400内 1:21.9

ミドルペース(34.8-12.0-35.1 -0.3) 上がり 35.1(11.5-11.6-12.0

先-先-(内)-先-好差   3角緩む 隊列縦長で直線

7R 2歳1勝 1800外 1:47.7

スローペース(5F 62.0 +2.2) 上がり 33.711.2-11.0-11.5)

先-好差-逃-好差-先   出走5頭

 

9R 2勝 1600外 1:34.2

ハイペース(34.4/45.9-48.3/36.6 -2.4) 上がり 36.6(11.5-12.2-12.9)

好差(内)-好差-先-(内)-   前2頭が飛ばし,3番手は4F 48秒ぐらい(スロー)で通過

12R 3勝 1400内 1:21.5

スローペース(35.0-12.0-34.5 +0.5) 上がり 34.5(11.6-11.2-11.7)

好差-好差-先-先-好差   隊列縦長で直線

 

 

来週に向けて 

 

 中山は、持久力が必要でかなりタフな馬場状態。

 

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています

fevreee.com

 

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。