競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

阪神C 2020 回顧 ダノンファンタジー復活の勝利!

阪神Cが2020年12月26日に行われ、4番人気のダノンファンタジーが優勝しました。 

 

 

この記事は、阪神Cの回顧で、

  • レース展開
  • 各馬の勝因・敗因

について考察しています。

 

何かヒントになることがあれば幸いです(^^)

 

 

G2 阪神Cを振り返る

阪神競馬場(Bコース) 1400m 内回り 斤量:定量重量

レース展開

【馬場】 良

【勝ち時計】 1:19.7

【5着までの脚質(ポジション)】 好差(内)-先---好差

【ペース】 ミドル(34.0-11.4-34.3 -0.3) 上がり 34.3(11.3-11.4-11.6)

 時計が速く、ある程度前も止まりづらかった。

 

▼当日の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 ダノンファンタジー 4

藤岡佑騎手 55.0kg

 好スタート。内の先行馬を行かせて、好位の内柵沿いのポジション。

直線、反応良く加速、最後は0.3秒差つけて完勝。

 

 自身より後ろにいた馬と上がり3Fがほぼ同じだったので、強い内容だった。

課題だった折り合いも完璧についていて、1400mの距離はかなり相性が良さそう

 

2着 マルターズディオサ 3

田辺騎手 54.0kg

 促してジワジワと前のポジションへ。前半はやや力んでいた。

最後までスピードを持続させ粘った。

 

 精神面で落ち着きが出てくれば、もっとパフォーマンスは上がるはず。1600m以下での活躍を期待。

 

3着 インディチャンプ 牡5

福永騎手 57.0kg

 中団後方のポジション。

直線に向くまでジッとして脚を溜める競馬。よく伸びたが、この馬の実力からすればもっと良い脚を使えると感じた。馬体重+10kgの影響はあった気がする。

 

4着 サウンドキアラ 5

松山騎手 55.0kg

 促して中団のポジション。

直線ジリジリ伸び、外から並ばれるともう一つギアを上げて伸びた。

 

 今秋はこの馬らしい走りができていなかったが、今回はある程度力は発揮できた。

 

5着 クリノガウディー 牡4

幸騎手 57.0kg

 中団のポジション。

直線ジリジリ伸びた。この馬の実力からすればもっと伸びてもいいと思う。

 

 馬体重+12kgの影響はあったかもしれない。

 

6着 イベリス 4

酒井騎手 55.0kg

 促して先頭へ。

最後は脚が鈍ったが粘っていた。

 

7着同着 レインボーフラッグ 牡7

岩田望騎手 57.0kg

 あまりダッシュがつかず中団後方のポジション。

内柵沿いをロスなく回ってきて、直線良く伸びた。

 

7着同着 ジャンダルム 牡5

荻野極騎手 57.0kg

 ゲート内の落ち着きない。促して好位のポジション。

道中で接触があったりしたが冷静に走れていた。

直線、瞬発力は使えなかったがしぶとく伸びた。

 

 馬体重+10kgが影響したかもしれないが、時計の速い馬場も分が悪いか。

 

9着 フィアーノロマーノ 牡6

団野騎手 57.0kg

 好スタート。促してはいたが中団のポジションに。

道中も少し促しながらの追走に。

直線半ばで脚が鈍った。

 

10着 ブラックムーン 牡8

和田竜騎手 57.0kg

 後方のポジション。

内柵沿いをロスなく回って来たが、直線そこまで良い脚は使えなかった。

 

12着 ステルヴィオ 牡5

池添騎手 57.0kg

 隣の馬と接触があったからかスタートで後れを取った。促して中団後方のポジション。

4コーナーで手応えが悪くなり、直線でも少ししか脚を使えなかった。

 

 精神的なものか、肉体的なものかはわからないが、実力を発揮できなかった。

 

13着 ヤマカツマーメイド 3

斎藤騎手 54.0kg

 ダッシュよく前へ。逆に言えば、スピードが有り余っている感じ。

直線では伸びがなかった。

 

 1200mの方が良さそう

 

14着 クラヴィスオレア せ4

木幡育騎手 57.0kg

 促したが先頭に行けず好位のポジション。

4コーナーで手応え悪く失速していった。

 

16着 ミッキーブリランテ 牡4

松若騎手 57.0kg

 3コーナーまでに脚を使って好位までポジションを上げた。

4コーナーで手応えが悪くなり失速。 

 

 

 

  

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。