競馬を推理する

刑事モノのドラマや謎解き・クイズ番組好きな男が競馬を推理(予想)するブログです

2021年2月27,28日 芝レース馬場傾向分析 中山記念など

この記事では、2021年2月27,28日の

  • 中山競馬場(2/28 中山記念)
  • 阪神競馬場(2/28 阪急杯)
  • 小倉競馬場

の芝レースの馬場傾向を分析しています。

 

最後に、まとめとして次週に向けて注目すべき点を書いています。

 

 

中山競馬場(Aコース)

◆クッション値:12.1 硬め

◆含水率:ゴール前   7.2

     4コーナー 8.0 

※1 共に金曜朝の時点

 

開催1週目(開幕週)、Aコース1週目。

金曜日に散水

 

2月27日(土)

◆クッション値:11.9(-0.2) やや硬め

◆含水率:ゴール前   7.6(+0.4)

     4コーナー 9.2(+1.2) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

速い時計が出る馬場状態。開幕週の綺麗な馬場・乾いた状態で、前にいる馬は止まりづらく先行有利

 

 4コーナーが少し掘れる。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行

不利な脚質(ポジション):追込

 

 

(メモ)

5R 牝3歳未 1800内 1:49.8

スローペース(5F 62.8 +1.8) 上がり 34.8(11.7-11.2-11.9)

好差 3,4角押上-逃-先----先   

6R 3歳未 2000内 2:01.4

スローペース(61.6-59.8 +1.8) 上がり 36.5(11.8-12.2-12.5

先-逃-----好差-好差 向正面押上-   残5Fからペースアップ 隊列かなり縦長で直線

 

9R 3歳1勝 2200外 2:16.7

スローペース(5F 65.0 +2.9) 上がり 34.5(11.8-11.2-11.5)

先-先-逃-好差(内)-先   残5Fからペースアップ 横に広がり直線

10R 2勝 1800内 1:49.0

スローペース(5F 62.3 +1.7) 上がり 34.4(11.5-11.2-11.7)

先-好差-好差(内)-先-好差   出走9頭

 

11R 3勝 1600外 1:31.8

ハイ~ミドルペース(34.3/45.5-46.3/34.8 -0.8) 上がり 34.8(11.5-11.4-11.9)

先-先-好差-好差(内)-好差(内)   隊列やや縦長で直線

 

2月28日(日) 中山記念

◆クッション値:12.2(+0.3) 硬め

◆含水率:ゴール前   8.9(+1.3)

     4コーナー 9.9(-0.7) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

速い時計が出る馬場状態。開幕週の綺麗な馬場・乾いた状態で、前にいる馬は止まりづらく先行有利

 

 4コーナー~直線にかけてが少し掘れる。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行

不利な脚質(ポジション):追込

 

  

(メモ)

5R 3歳未 1600外 1:35.2

ミドルペース(35.6/47.7-47.5/35.2 +0.2) 上がり 35.2(12.0-11.6-11.6)

-先-好差-逃-   中盤やや緩む

6R 3歳1勝 1600外 1:33.4

ミドルペース(35.5/47.0-46.4/34.5 +0.6) 上がり 34.5(11.7-11.2-11.6)

先-先-好差 4角押上-逃-好差   出走7頭

 

9R 牝3歳1勝 1800内 1:48.6

スローペース(5F 62.1 +1.8) 上がり 34.2(11.7-10.9-11.6)

先-好差 3,4角押上-好差 3,4角押上-先-逃   

11R G2 1800内 1:44.9(レコードタイ)

ペース(5F 57.8 -0.5) 上がり 35.3(11.7-11.5-12.1

好差-好差(内)-先-好差-先   前3頭が後続を離し,4番手は5F 59.1ぐらい(スロー~ミドル)で通過 隊列縦長で直線

 

 

阪神競馬場(Aコース

◆クッション値:9.7(-0.4) 標準

◆含水率:ゴール前    9.3(+0.7)

     4コーナー 10.6(-0.1) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催3週目、Aコース3週目。

 

2月27日(土)

◆クッション値:9.7(±0) 標準

◆含水率:ゴール前     9.4(+0.1)

     4コーナー 10.6(±0)  

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

速い時計が出る馬場状態。速い時計が出るなら先行有利になるものだが、ペースが速くなれば追込が決まっていた。これには風の影響があったかもしれない。

 

 内回り3,4コーナーが少し掘れる。

 

(参考:1日を通してやや強い北風(直線で内からの横風)が吹いた)

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):なし

 

  

(メモ)

5R 3歳未 1600外 1:33.8

スローペース(35.4/47.4-46.4/34.4 +1.0) 上がり 34.4(11.6-11.1-11.7)

-好差---先   先団固まり直線

9R 3勝 3200外・内 ハンデ 3:14.9

ラップ(59.4-63.7-59.2-12.6) 上がり 36.1(12.0-11.5-12.6

逃---先-好差(内)-好差(内)-(内)   序盤速く,中盤緩む 残6Fからペースアップ

 

10R 3歳L 1200内 1:08.5

ハイペース(33.0-35.5 -2.5) 上がり 35.5(10.8-11.8-12.9

--好差(内)--(内)   隊列かなり縦長で直線

12R 2勝 1400内 1:20.0

ハイペース(33.2-11.1-35.7 -2.5) 上がり 35.7(11.0-12.3-12.4

---先-   隊列縦長で直線

 

2月28日(日) 阪急杯 

◆クッション値:10.0(+0.3) 標準

◆含水率:ゴール前   8.1(-1.3)

     4コーナー 9.4(-1.2) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 全レース良馬場で行われた。

速い時計が出る馬場状態。先行有利だが、瞬発力のある差し馬も来ていた。

 

 内回り3,4コーナーが少し掘れる。全体的にも馬場内側が少し荒れてきた。

 

(参考:正午過ぎまでやや強い東からの風(直線で追い風)が吹いた) 

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):逃げ・先行(特に内回り)

不利な脚質(ポジション):追込(特に内回り)

 

  

(メモ)

4R 牝3歳未 1800外 1:46.6

スローペース(5F 60.1 +0.9) 上がり 34.1(11.3-11.4-11.4

--好差-逃-(内)   一団で直線

5R 3歳未 2000内 2:02.1

スローペース(62.4-59.7 +2.7) 上がり 34.6(12.0-11.1-11.5)

逃-先-好差-先-   先団固まり直線

 

8R 2勝 2400外 2:24.1(レコードタイ)

スロー~ミドルペース(5F 60.9 +0.9) 上がり 34.6(11.2-11.2-12.2

好差 4角押上---好差-先-好差-先   集団2つに分かれた 残4Fからペースアップ 一団で直線 出走7頭

10R 3歳L 2200内 2:12.4

スローペース(5F 60.3 +0.1) 上がり 35.1(11.7-11.6-11.8)

4角押上--好差-先-先   序盤速く,1角でペース落ちた 出走8頭

 

11R G3 1400内 1:19.2(レコード更新)

ミドルペース(34.0-11.4-33.8 +0.2) 上がり 33.8(11.2-10.8-11.8)

逃-好差(内)-先-好差-  

 

 

小倉競馬場(Bコース)

◆クッション値:7.6(-2.4) やや軟らかめ

◆含水率:ゴール前   12.4(+4.4)

     4コーナー 11.9(+3.7) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は先週日曜比

 

開催7週目、Bコース3週目。

 

2月27日(土)

◆クッション値:8.9(+1.3) 標準

◆含水率:ゴール前   11.4(-1.0)

     4コーナー 11.0(-0.9) 

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 7Rまでが重馬場10R以降が稍重馬場で行われた。

時計は標準的。重・稍重にしては時計がかかっている印象はなかった。

差しも利く。

 

 コース内側が荒れているので内を避けて走る傾向だったが、馬場が乾いていくと内を狙う騎手も出てきた。

直線は真ん中より外の方が伸びる箇所に見えたが、内でも馬のタイプ次第では走れなくもない。

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

 

 

(メモ)

2R 3歳未 1200 重 1:09.3

ハイペース(33.4-35.9 -2.5) 上がり 35.9(11.6-12.0-12.3

-先-先-好差-   

5R 3歳未 1800 重 1:49.5

スロー~ミドルペース(5F 61.5 +0.7) 上がり 35.8(12.0-12.0-11.8)

好差-好差 3,4角押上---先-好差---   

 

6R 1勝 1200 重 1:09.2

ハイペース(33.7-35.5 -1.8) 上がり 35.5(11.7-11.9-11.9)

好差--先-好差-   先団固まり直線

7R 1勝 2000 重 2:02.3

スロー~ミドルペース(61.4-60.9 +0.5) 上がり 36.5(12.1-12.0-12.4

先(内)-好差---好差   前2頭が後続を離し,3番手は5F 62.4ぐらい(スロー)で通過

 

10R 牝1勝 2000 稍重 2:03.4

スローペース(63.5-59.9 +3.6) 上がり 35.6(11.9-11.7-12.0

好差--逃(内)-先-好差(内)   残5Fから徐々にペース流れた

11R 2勝 1200 稍重 1:08.3

ハイペース(33.1-35.2 -2.1) 上がり 35.2(11.0-11.9-12.3

先-先(内)---先   

 

2月28日(日)

◆クッション値:9.0(+0.1) 標準

◆含水率:ゴール前   9.7(-1.7)

     4コーナー 9.8(-1.2) 稍重

※1 共に金曜朝の時点

※2 増減の数値は前日比

 

 全レース稍重馬場で行われた。

時計は標準的。外を通った方が伸びる馬場なので、よく差しが決まっていた。

 

 向正面、4コーナー~直線のコース内側が掘れる。

内を避けて走る傾向だったが、後半のレースになるにつれて内を狙う騎手も出てきた。

直線は真ん中より外を通った方がいい

 

◆脚質(ポジション)による有利不利◆

有利な脚質(ポジション):なし

不利な脚質(ポジション):追込(やや不利)

 

  

(メモ)

2R 3歳未 2000 稍重 2:02.5

スローペース(62.8-59.7 +3.1) 上がり 36.5(11.8-12.2-12.5

先--好差 3,4角押上-好差-好差   残5Fからペースアップ 内外分かれて直線

5R 牝3歳未 2000 稍重 2:04.6

スローペース(63.8-60.8 +3.0) 上がり 36.4(12.3-11.8-12.3

先--好差-先-   先頭が後続を離し,2番手は5F 64.8ぐらいで通過 残4Fからペースアップ

 

6R 3歳未 1200 稍重 1:09.6

ハイペース(33.2-36.4 -3.2) 上がり 36.4(12.0-12.3-12.1

---好差-   

8R 1勝 2600 稍重 2:43.4

スローペース(64.9-62.8-35.7) 上がり 35.7(11.7-11.9-12.1

好差-先-逃---先-好差   残5Fからペースアップ 出走8頭

 

9R 牝1勝 1200 稍重 1:09.2

ハイペース(33.4-35.8 -2.4) 上がり 35.8(11.4-12.0-12.4

好差-好差---   隊列やや縦長で直線

11R 3勝 1200 ハンデ 稍重 1:08.7

ハイペース(32.8-35.9 -3.1) 上がり 35.9(11.5-12.0-12.4

---3,4角押上-   

 

12R 1勝 1800 稍重 1:48.9

ミドルペース(5F 60.9 +0.4) 上がり 36.3(12.0-12.0-12.3

好差---好差(内)-   序盤かなり遅く,4F目から一気にペースアップ

 

 

次週に向けて 

 

 中山は、速い時計が出る馬場状態で先行有利

 

 阪神は、速い時計が出る馬場状態で先行有利。差し馬は瞬発力のあるタイプがいい。

 

 小倉は、2日とも道悪でレースが行われた。内を避けて走った方がいい傾向にあった。

 

 

 

▼先週の馬場傾向はこちらの記事に書いています。

fevreee.com

 

▼詳しい情報はJRA等のHPをご覧ください。

▼ペースは独自に判断しています。